聖書要約〜新約聖書全体〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

ここでは新約聖書全体の流れを描いてみようと思います。

 

旧約最後の預言者マラキから400年が経過し、イエス・キリストが誕生しました。

 

◉四大福音書

四大福音書は、マタイマルコルカヨハネ。4人の弟子がイエス・キリストについて書いています。

イエス・キリストは、イスラエルのベツレヘムで生まれ、ナザレで育ちました。

 

そして、30歳から御言葉を伝え始めます。また、病気の人も癒してあげました。

すると、多くの人たちがイエス・キリストを信じてついてきましたが、律法学者パリサイ人たちが反対してきました。

そして、イエス・キリストの弟子の一人ユダイエス・キリストを裏切り、イエス・キリストは十字架にかけられて死んでしまいます。

しかし、その3日後、イエス・キリストの霊が蘇り、弟子たちに会って40日間、御言葉を伝えます。

そして、昇天していきました。

 

以上が四大福音書の流れです。

 

◉使徒行伝

使徒行伝は、イエス・キリストが死んだの話です。

イエス・キリストの霊が蘇り、昇天する際にこのように言います。

聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤ、サマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう。(1:8)

 

そして、ここから弟子たちイエス・キリストを伝えまくります。

エルサレムで伝え、ユダヤサマリヤ、そしてローマ・・。

そして、イエス・キリストの御言葉は世界中に広がっていくのです。

 

使徒行伝に出てくる有名人物といえば「パウロ」

もとの名前は「サウロ」でした。

サウロは、もともとユダヤ人イエス・キリストを信じる人たちを殺していました(使9:1)。

そんな、サウロに奇跡が起こり、イエス・キリストを信じるようになります。

そして、ここからパウロ(サウロ)が伝道旅行(第一回第二回第三回)をしながらイエス・キリストを伝えまくるのです。

使徒行伝は、最後パウロローマに着いて終わりになります。

使徒行伝に書かれていませんが、パウロは、このあとローマで殉教します。)

 

◉色々な手紙

ここからは、使徒行伝に出てきたパウロ(サウロ)が伝道旅行中に書いた手紙と、キリストの弟子が書いた手紙になります。

 

(1)パウロ(サウロ)が伝道旅行中に書いた手紙

「〜への手紙」は、パウロが伝道旅行中に信徒たちに宛てて書きました。

 

(2)キリストの弟子が書いた手紙

ヤコブの手紙
ヤコブとは誰なのか。諸説ありますが、「イエス・キリストの兄弟ヤコブ」が一番有力説なようです。

ペテロの第一の手紙第二の手紙
第一と第二と二つあります。これは、元漁師の使徒ペテロが書いたと言われています。ペテロは、殉教により死んでしまいますが(聖書には記載がないですが)、キリストと同じ十字架ではキリストに申し訳ないと言って、逆さ十字架によって殉教したことは有名な話です。

ヨハネの第一の手紙第二の手紙第三の手紙
これも第一、第二、第三があります。これは、使徒ヨハネが書いたと言われています。使徒の中で唯一殉教で死なず、寿命を全うしたレア・キャラです。新約聖書の黙示録を書いたのも、このヨハネです。

ユダの手紙
聖書で「ユダ」といえば、イエス・キリストを裏切ったイスカリオテのユダの印象が強いですが、ここのユダはその人ではありません。これも諸説ありですが、一番有力説は、イエス・キリストの兄弟のユダと言われています。イエス、ヤコブ、ユダなど、当時はポピューラな名前で同じ名前がたくさんいました。

 

ヨハネの黙示録

ヨハネの黙示録。書いたのは、使徒ヨハネ

イエス・キリストを信じることが罪とされ、パトモス島に島流しにされてしまいましたが、その時に書かれたものです。


(引用:ZenTech

 

内容としては、ヨハネが霊界で見た現象について書かれており、意味深で少し怖い感じもします。

大きな内容としては、4000年間の旧約時代、2000年間の新約時代が終わった後、いくつかの裁きが起こったのちに、1000年の時代が始まると書かれています。

そして、キリストが再び来ると言って、新約聖書は終わります。

以上、新約聖書全体の要約でした〜。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。