聖書要約〜ローマ人への手紙〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

(しばらくお休みが続きました。。
ちょっと使徒行伝は苦手なので、後回しにして手紙に行きます。)

 

ローマ人への手紙です。

 

この手紙は、パウロが三回目の伝道旅行(使18:23〜21:14)で、

コリント地方(今でいうギリシャ)から送ったローマに送った手紙のようです。

 

当時のローマと言えば!!世界の中心!!

だから、パウロは、ローマで福音を伝えることを目指していました。

ローマで伝えられれば、あとは世界に広がって行きますからね。

 

ちなみに、パウロもローマ市民でしたね(使21:39)。

 

当時は、それなりのお金を払えばローマ市民にもなれたようですが、

パウロは生まれた時からローマ市民だったようです(使22:28)。

 

つまりは、パウロはエリートだったのです。

ローマ人への手紙は、エリートからエリート信者に書かれた手紙です。

だから、難しいんですよ〜(汗)。

 

手紙は、特にストーリー(物語)があるわけではないので、

有名な聖句を紹介する感じにしようと思います。

 

彼らは律法の要求がその心に記されていることを現わし、そのことを彼らの良心も共にあかしをして、その判断が互いにあるいは訴え、あるいは弁明し合うのである(2:15)

 

この聖句だけだと、なんのこっちゃ?という感じですが。

これは手紙上で議論をしていてですね、「律法を行う者が、義とされる」と書かれているんですが、

「じゃあ、律法を知らない人は、行えないじゃん?

律法を知らない人は、自動的に不義じゃん!でも、それってフェアじゃなくね??」

というツッコミに対する答えですね。

 

確かに律法(御言葉)を知らなければ、行えないのですが。。

でも、そういう場合、神様はその人の良心を通して働きかけているのです、ということです。

確かに、人には皆「良心」がありますよね。

神様は、その良心を通して

「こうするべきだ!」、「いや、そうするべきではない!」と働きかけているのです。

 

 

それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、忍耐は練達を生み出し、練達は希望を生み出すことを知っているからである(5:3)

 

これは、個人的に好きな聖句の一つですね。

人生、NO患難で日々楽しく生きられたら良いですが、実際そうもいきません。

でも、パウロは、患難さえも喜んでいたようです。

なぜかと言えば、「患難は忍耐を生み出し、忍耐は練達を生み出し・・・」というわけですね。

 

パウロがこれを書いた時は、福音を伝えることで命を狙われ、

いつ殺されてもおかしくない状況でした。

そんな時でも、喜んで感謝して生きていたわけですね。

 

私も、「むむーっ!!今は患難だぜー!!」という時はこの聖句を見ます(笑)。

もちろんパウロほどの患難ではないですが。パウロにしたらだいぶ可愛い患難です(笑)。

 

 

すなわち、わたしは、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、わたしの肢体には別の律法があって、わたしの心の法則に対して戦いをいどみ、そして、肢体に存在する罪の法則の中に、わたしをとりこにしているのを見る(7:22~23)

 

これも初めて文章を見ると難しいのですが、内容がわかれば「信仰あるある」でもあります(笑)。

「内なる人」とは、霊のことですね。

霊としては、神の律法を喜んでいるわけですよ。

「朝早く起きて祈りなさい」とか「神様を愛しなさい」とか

「自分を愛するように、隣人を愛しなさい」とか。

どれも良いことじゃないですか!!

 

わかってるけど・・。わかってるけど・・。

「朝早く起きるのしんどいねん」

「隣人、愛するのむずいねん。だってこの人、こんな性格ですよ!!」とか。

これが肉体の思いですよね。

 

もちろん律法を楽しく守ることができる時もありますが、難しい時も必ずあります。

頭(心・霊)ではわかってるけど、むずいねん!!というこの葛藤!!(笑)。

 

パウロは、こう表しています。

「わたしの肢体には別の律法があって、わたしの心の法則に対して戦いをいどみ」

パウロも私たちと同じく、時には心で葛藤している時があったのですね。

 

有名どころの聖句はこんな感じでしょうか〜。

以上、ローマ人への手紙でした。

 


キリスト教福音宣教会(Christian Gospel Mission)

キリスト教福音宣教会公式サイト

キリスト教福音宣教会公式サイト

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。