聖書要約〜ルカによる福音書〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今回は四大福音書の3つ目、ルカによる福音書です。

 

◉ルカはどんな人?

ルカは、お医者さんでした。コロサイ人への手紙にさりげなく書いてあります。当時から既に医者という職業があったんですね。

愛する医者ルカとデマスとが、あなたがたに宜しく。(コロサイ4:14)

また、キリストを直接見てついてきた弟子ではなく(だから使徒ではない)、シリア出身の異邦人だったようです。

キリストを直接見たかったけれど見れなかった悔しさ、足りなさ、また真実を知りたいという思いで詳しく調べに調べ、当時のローマの役人テオピロに捧げるために書いたのが、このルカによる福音書になります。

ちなみに、使徒行伝でもルカが書いたと言われていますね(同じくテオピロに献上)。

 

◉何が書いてある?

ルカによる福音書は、最初にバプテスマのヨハネイエス・キリストの誕生に関して詳しく書いてあるのが特徴的です。

ちなみに、バプテスマのヨハネイエス・キリストは、親戚でした。

 

(1)バプテスマのヨハネの家系

バプテスマのヨハネのお父さん(ザカリヤ)は、祭司でした。

祭司とは、「祭りを司る」人ですが、人々が燔祭を捧げるものを執り仕切ったりします。

信仰的に言えば、神様と人間を繋げる立場となる人です。

当然人より神霊であってできる仕事なので、人から尊敬されるエリートでした。

昔は、職業選択の自由はほとんどなく、基本父親の職業を継ぐのが普通でしたので、バプテスマのヨハネ祭司でした。

そんなヨハネ・パパですが、ある日御使い(天使)を見ます。

“天使”
あなたの子どもは、エリヤの霊と力を持って、キリストを迎える道を用意する人になるだろう・・。(1:13-17 ※聖句を簡略化して書いています。)

そんなこんなでバプテスマのヨハネが生まれてきます。

 

(2)イエス・キリストの家系

続いてイエス・キリストの誕生。マタイによる福音書にも書かれていますが、ルカによる福音書にも書かれています。

また、天使登場。

“天使”
聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに、生れ出る子は聖なる者であり、神の子と、となえらるでしょう。(1:35)

このシーンを描いた『受胎告知』(レオナルド・ダ・ヴィンチ)は有名ですね。


引用:Wikipedia

そんなこんなで母マリヤイエス・キリストが生まれたとさ。

 

図を拝借すると、こんな感じ。


引用:『図解 聖書[世界史徹底マスター]』

 

あとは描写の違いはありますが、大まかなストーリーはマタイによる福音書と同じです。

 

(3)おまけ

・「アビヤ組」とは?
アビヤ組とは、祭司の組の一つですが、全部で24の組があったそうです。神殿での仕事を年に1〜2回、1週間(2週間という説もあり)交代で行っていました。アルファベット順に並んでおり、アビヤ組は8番目。人組に相当な人数がいたので、くじに当たり、神殿で香をたくミッションをあずかるなんて、相当ミラクルと言っても過言ではありません。神様がご覧になって、ザカリヤが天使に会えるようにそのようにして下さったのですね。

 

そんなこんなでルカによる福音書でした〜。

 


キリスト教福音宣教会(Christian Gospel Mission)

キリスト教福音宣教会公式サイト

キリスト教福音宣教会公式サイト

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。