聖書要約〜コリント人への第二の手紙〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今回はコリント人への第二の手紙です。

先ほどの第一の手紙の時は、パウロエペソ(エフェソス)にいましたが、

その後、ピリピへ移動。。

 

 

このピリピでパウロの協力者テモテくんと再会(コリント②7:5-7)

テモテくんからコリントの様子を聞くと・・・。

またまた問題がありそうじゃないですか!?∑(゚Д゚)!!

 

どうする!?パウロ!?

 

<問題①:パウロ、行く行く詐欺!?>

パウロは、コリントに「行くよ、行くよ」と言いながら行かないから、
(本来の計画ではそうだった:コリント①1:15)

“人々”
来ないじゃないかよ!?本当に来るの?

という疑惑が生じていたのです。

 

名付けて、「パウロ、行く行く詐欺!?(オレオレ詐欺じゃないよ)

 

それに対してパウロはこう言っています。

“パウロ”
わたしがまだコリントに行かないでいるのは、あなたがたに対して寛大でありたいためである。わたしたちは、あなたがたの信仰を支配する者ではなく、あなたがたの喜びのために共に働いている者に過ぎない。あなた方は、信仰に堅く立っているからである。(1:23-24)

 

つまりは、コリントの人たちの信仰に対して厳しく叱り付けて、

悲しい思いをさせたくないんだ〜!ということです。

 

わたしは大変な中で泣きながらこの手紙を書いているんだ!

わたしの愛をわかっておくれ〜〜!!とも言っています。(コリント①2:4)

 

 

<問題②:パウロ、お金着服疑惑!?>

いつの時代も「宗教」「お金」に関する誤解はつきまとっていたんですね。

パウロも人々に「パウロってやつはお金を人々から騙し取っている〜!!」と言われていたようです。

わたしは、あなたがたに重荷をおわせなかったとしても、悪がしこくて、あなたがたからだまし取ったのだと、人は言う。(12:16)

 

それに対して、パウロはこう答えています。

“パウロ”
迫害を受けてめっちゃボンビー(貧乏)だったマケドニアの教会があったんだけど、

信徒たちが奉仕にしたいと熱心に願い出て、富んだんだよ!(8:2-5)

 

要は、だまし取ったわけじゃないよ、みんなで神様を信じて感謝して行(おこな)ったんだよ!(9:6-7, 11-12)ということです。

 

「献金1つでその人の信仰が表れる」というのは聞いたことがありますが、

旧約時代から、喜びで捧げることを神様は喜ばれますね(つまりは、額じゃないってことさ!)。

 

すべて、心から喜んでする者は、主にささげる物を持ってきなさい。(出エジプト35:5)

すべて心に感じた者、すべて心から喜んでする者は、会見の幕屋の作業と、そのもろモロの奉仕と、聖なる服のために、主にささげる物を携えてきた。(35:21)

 

 

<問題③:パウロの説教、つまんねーよ!事件!?>

彼の手紙は重味があって力強いが、会ってみると外見は弱々しく、話はつまらない。(10:10)

これは、御言葉伝える人としてはだいぶアウチ(痛い)なクレームですね。

 

これに対するパウロの答えは・・

“パウロ”
いや、弱いよ。(12:5)

 

え??開き直りか〜い!?とツッコミたいところですが。

 

“パウロ”
ところが、主が言われた、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全に表れる」。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。だから、わたしはキリストのためならば、弱さと侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。(12:9-10)

 

いや、弱いよ。弱いからこそ、キリストにすがり、祈り、謹んで生きて・・。

そうすることで、キリストが共にしてくださるんだよ。

だから、弱いことこそ、むしろわたしの自慢なのさ、ということです。

私(パウロ)の短所だけを見ないで、むしろ足りない私を用いてくださる御子を見なさい、

ということです。

 

こうして、パウロは命をかけながらガツガツとイエス・キリストについて

伝え続けるのでした。

 

ちゃんちゃん!

 


キリスト教福音宣教会(Christian Gospel Mission)

キリスト教福音宣教会公式サイト

キリスト教福音宣教会公式サイト

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。