聖書要約〜ピリピ人への手紙〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

次は、ピリピ人への手紙です。

 

前回のエペソ人への手紙でも書きましたが、パウロがローマの獄で書いた手紙(獄中書簡)が4つあり、

ピリピ人への手紙もその中の一つです。
(獄中書簡:エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙、コロサイ人への手紙、ピレモン人への手紙)

そして、ピリピパウロが福音を伝えた地域の一つですね(使16:12)。

 

 

また、フリキア方面(上地図緑)小アジアマケドニア方面(上地図青)ヨーロッパなので、

ピリピは、ヨーロッパで初めて教会(共同体)ができた場所と言うこともできます。

そう考えると、すごいですね。

 

ピリピの人たちパウロが福音を伝えたときに、熱心にパウロを助けたようです。

 

ピリピの人たちよ。あなたがたも知っているとおり、わたしが福音を宣伝し始めたころ、マケドニアから出かけて行った時、物のやりとりをしてわたしの働きに参加した教会は、あなたがたのほかには全く無かった。(4:15)

 

パウロピリピ人に対する情が伝わってきます。

ただ、パウロは物質以上に、そのピリピ人の親切さによって

ピリピ人が一層豊かな報いを受けることを望んでいます(4:17)。

 

そんなピリピ人への手紙ですが、内容としては、

パウロが獄に入れられた艱難の中で、ピリピの人たちを励まし、教え、希望を与えています。

 

わたしの愛する者たちよ。そういうわけだから、あなたがたがいつも従順であったように、わたしが一緒にいる時だけでなく、いない今は、いっそう従順でいて、恐れおののいて自分の救いの達成に努めなさい。(2:12)

 

あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝を持って祈りと願いをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい(4:7)

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。