聖書要約〜ピレモンへの手紙〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

ピレモンへの手紙まで来ました。

一章しかありません。めちゃ短いです。

 

◉ピレモンって誰?

ピレモンはコロサイ出身の裕福なローマ市民だったようです。

自らの家を教会とし、また裕福だったので奴隷も所有していました。

その奴隷の名前がオネシモ(10)。

パウロ、ピレモン、オネシモ。この3人がこの手紙での重要な登場人物になります。

 

◉何が書いてある?

この手紙は、パウロが獄中で書きました。だから、獄中書簡の一つです(9)。

(獄中書簡:エペソ人への手紙ピリピ人への手紙コロサイ人への手紙ピレモン人への手紙

 

この手紙のストーリーとしては、

ピレモンの奴隷だったオネシモが何かをピレモンから盗んで、ローマへ逃走したようです。

そして、そこでパウロに出会い、パウロによって伝道されます(10)。

パウロは、オネシモがピレモンの元に戻る際にことが円滑に進ように、

ピレモンがオネシモを受け入れて欲しい。

そして、過去のように奴隷として受け入れるのではなくて、キリストにある兄弟として受け入れて欲しいと手紙で伝えます。

その手紙がこのピレモンの手紙のようです。

なるほど。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。