聖書要約〜マラキ書〜

最後の預言者マラキまで来ました。

 

◉いつの人?

 

マラキは、イエス・キリストの登場400年前まで活躍します。

 

◉どんな人?

マラキとは、「私の使者」、「私の天使」という意味です。

上の図からも分かるように、旧約最後の預言者になります。

 

今まで十二小預言者を見てきましたが、

最初の9人は、いずれもバビロン捕囚の人たちでした。

内容としては、いずれも

・偶像崇拝やめよう。

・神様信じよう。

・悔い改めないとバビロンが攻めてくる。

という内容でした。

 

そして、バビロン捕囚が起こり、人々が連れていかれ、エルサレム聖殿も壊されます。

その後、バビロンは、ペルシャに滅ぼされ・・・。

ペルシャ王クロスによって人々がイスラエルに戻り、聖殿を再建します。

そこで活躍したのが、ハガイゼカリヤでした。

 

無事聖殿再建が完了した後、登場する最後の預言者マラキです。

 

◉何が書いてある?

主は言われる。「わたしはあなたがたを愛した」と。ところがあなたがたは言う、「どんなふうにわれわれを愛されたか」。(1:2)

 

こんな聖句が冒頭にありますが・・。

なんだか現代人と似通ったところがあるようなきもしますね。

神→「神様は、あなたがたを愛している。」

人々→「え?神様っているの?」

みたいな・・。😱😱😱

 

当時の信仰は、だいぶ荒れていたことがわかります。

本来なら神様に捧げる動物は「全きもの」であるべきだったのですが、

傷があったり、足なえだったり、病気の動物だったり・・。

神様への感謝はどこへやら・・といった感じです。

 

 

しかし!!

見よ、わたしはわが使者をつかわす。彼はわたしの前に道を備える。またあなたがたが求める所の主は、たちまちその宮に来る。(3:1)

 

主が来るけれど、その道を備える使者が来るようです。

そして、キリストが来る日が次のように預言されています。

 

万軍の主は言われる、見よ、炉のように燃える日が来る。その時すべて高ぶる者と、悪を行う者とは、わらのようになる。その来る日は、彼らを焼き尽くして、根も枝も残さない。

しかしわが名を恐れるあなたがたには、義の太陽がのぼり、その翼には、いやす力を備えている。あなたがたは牛舎から出る仔牛のように外に出て、とびはねる。

また、あなたがたは悪人を踏みつけ、わたしが事を行う日に、彼らはあなたがたの足の裏の下にあって、灰のようになると、万軍の主は言われる(4:1-3)

 

しかし、キリストが来る前に、やはり誰かが来るようです。

次の聖句では預言者エリヤとも呼ばれています。

見よ、主の大いなる恐るべき日が来る前に、わたしは預言者エリヤをあなたがたにつかわす。(4:5)

 

 

そして、この400年後・・

イエス・キリストが誕生するのであった・・。

 

新約聖書へと続く・・。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。