聖書要約〜オバデヤ書〜

オバデヤ書まできました。

十二小預言者の4人目。早くも1/3(三分の一)まできました。

 

◉いつの時代の人?

 

バビロン捕囚直前からバビロン捕囚真っ只中の人だと言うことがわかります。

時代的には、エゼキエルやダニエルと被っていますね。

 

◉どんな人?

オバデヤの人物紹介は、ほとんど書いていないのであまりわかっていないようです。

列王記や歴代志にもちょこちょこ「オバデヤ」が出てきますが、違う人です。

 

◉何が書いてある?

神様が「エドム」に対して言っています。

 

(1)「エドム」とは?

創世記に出てくる双子エサウヤコブ兄エサウの子孫です。

創世記のブログでも書きましたが、

ヤコブは、エサウの長子権を奪ったり遺産相続の権利を奪ったりと、

何かとエサウと出し抜いてきます。

 

エサウからすると自分が長男なのに弟に長子権や遺産相続を奪われ、

しかもそこには、ヤコブが神様から見てより中心的な人物だったという御心があり・・。

エサウは、ヤコブに対する嫉妬心、コンプレックス、劣等感、高慢さを

抱くようになってしまったのです。

 

これは、カインアベルの構図と同じですね。。

長くなりましたが、エドム民族はそう言った性根を持った民族というわけです。

 

(2)結局、何が書いてある?

そんなエドム族に神様は、こう言います。

あなたがたが離れて立っていた日、すなわち異邦人がその財宝を持ち去り、外国人がその門におし入り、エルサレムをくじ引きにした日、あなたも彼らのひとりのようであった。(11)

 

これは、「バビロン捕囚」のことを言っています。

バビロン捕囚が起きて、バビロン南ユダを襲い、財宝や人を持ち去った時、

エドム民族は、バビロンと同じことをしたのです。

 

具体的には・・・

エドム民族は、自分の兄弟である南ユダの人たち(弟ヤコブの民族)が連れていかれるのをを眺め、

喜び、財宝を持って行き、敵(バビロン)ユダの人を渡したりしていたのです。(12-14)

 

箴言にこんな成句があります。

あなたのあだが倒れるとき楽しんではならない。

彼のつまづくとき心に喜んではならない(箴言24:17)

 

人間、自分の敵(よく思っていない人)が失敗したりすると、

「うえ〜い!ざまーみろー!」と思ってしまうところがあるじゃないですか。

 

そういうのは、「正しくない」ということです。

そして、「自分がしたように、自分に返ってくる」ということです。

 

主の日が万国の民に臨むのは近い。

あなたがしたようにあなたもされる。

あなたの報いはあなたのこうべに帰する。(オバデヤ15)

 

そんなこんなで、結局南ユダ(ヤコブ・ヨセフの子孫)がエドム民族の土地を占領する日が来る

ということを預言しています。(17-18)

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。