聖書要約〜ハガイ書〜

ハガイ書まできました!

あと少しですね・・。感慨深い・・。

 

◉ここまでの預言者の復習

ここまで四大預言者(イザヤ、エレミヤ、エゼキエル、ダニエル)

十二小預言者ホセア書からゼパニヤ書までを見てきましたが、

ここまでの人は皆、バビロン捕囚前〜バビロン捕囚までの人でした。

下表の赤線上まで。

 

これから見るハガイ書ゼカリヤ書マラキ書バビロン捕囚以降の人になります。

バビロン捕囚が起こり、

バビロンの王ネブカドネザルイスラエル民族バビロンに連れて行きました。

そして、ソロモン王の時に建てたエルサレム聖殿壊してしまいました。

 

70年の時が流れ・・。

(その70年の間にバビロンペルシャに滅ぼされる。)

 

ペルシャの王クロスイスラエル民族

 

“クロス王”
イスラエルの人たち、イスラエルに帰っていいよ。聖殿も再建しなさい。

 

と言います。

 

そして、イスラエルの人たち聖殿再建〜!!となるのですが、

反対者が出てきて聖殿を再建できなくなります。

 

どうする〜!?イスラエル民族〜!?

 

となった時に出てきたのがハガイ預言者です。

 

◉いつの人?

上に書いた通り、バビロン捕囚以降の人です。

バビロン捕囚後、バビロンペルシャに滅ぼされ、

ペルシャ王クロスイスラエル民族に聖殿の再建を許可しました。

その時代を生きた人です。

 

◉どんな人?

ハガイがどんな人かは、ハガイ書にあまり詳しく書かれていないですね。

ハガイというのは、「祝祭」という意味だそうです。

 

◉何が書いてある?

聖殿再建は、ゼルバベルヨシュアの2人の人が中心になって進めていました。

しかし、反対者が出てきて聖殿再建ができなくなってしまいました。

その時に出てきたのがハガイゼカリヤ(ゼカリヤは次に出てきます)。

 

神様は、ハガイを通してなんと言っているでしょうか?

 

万軍の主はこう言われる、あなたがたは、自分のなすべきことを考えるがよい。山に登り、木をもってきて主の家を建てよ、そうすれば私はこれを喜び、かつ栄光のうちに現れると主は言われる。(1:7-8)

 

聖殿を再建しなさいと言っています。

 

主は言われる、ゼルバベルよ、勇気を出せ、ヨザダクの子、大祭司ヨシュアよ、勇気を出せ。主は言われる。この地のすべての民よ、勇気を出せ。働け。私はあなたがたと共にいると万軍の主は言われる。(2:4)

 

力強い神様からの励ましの言葉です。

 

これは、もうやるっきゃないじゃないですか!!

そんなこんなでイスラエルの人たちは、聖殿の再建を再開します。

 

 

◉2人を通して働く神様

神様は、よく2人の人を通して働かれます。

アロンとホル、モーセとエリヤ、イエス様とバプテスマのヨハネ。

聖殿の再建もゼルバベルヨシュアを通して行い、預言もハガイゼカリヤを通して行います。

 

伝道の書にこんな聖句がありますね。

ふたりはひとりにまさる。彼らはその苦労によって良い報いを得るからである。すなわち彼らが倒れる時には、そのひとりがその友を助けを起こす。しかしひとりであってその倒れる時、これを助け起こす者のない者はわざわいである。(伝4:9-10)

 

次回は、ゼカリヤ書。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。