聖書要約〜ゼパニヤ書〜

ゼパニヤ書まできました。十二小預言者の9人目。

これで12分の9です。あと少しですね。

 

◉いつの人?

 

ゼパニヤさんは、ヨシヤ王の時代の人ですね。

(ヨシヤ王は、戦争で呆気なく死んだ王様です。)

バビロン捕囚の前を生きています。

 

 

◉どんな人?

ゼパニヤさん、先祖にすごい人がいるんですよ!!

その名もヒゼキヤ王!!(上の表の矢印参照)

何がすごいかはこちらをチェケラしてね!!

 

 

◉何が書いてある?

 

第1章。

裁きについて書いてます。

また屋上で天の万象を拝む者、主に誓いを立てて拝みながら、またミルコムをさして誓う者、主に背いて従わない者、主を求めず、主を尋ねない者を断つ(1:5-6)

 

ミルコムとは、アンモン人が信じていた偶像ですね。偶像崇拝はダメよ、という意味です。

 

最初も神様は言葉で伝えますが、それでも言うことを聞かなければ裁きます!

バビロンが来るよ!と言うことを話します。

 

その日には魚の門から叫び声が起こり、第二の町からうめき声が起こり、もろもろの丘から凄まじい響きがおこる(1:10)

 

魚の門とは、ソロモン神殿のにある門です。

当時、北にある国といえば!!??バビロン!!!

バビロンが攻めてくることで、さそこに叫び声が起こるということです😱😱😱

 

 

第2章。

ここからは、ユダ周辺諸国に対する裁きの預言になります。

 

・ペリシテ 方面(ガザ、アシケロン、アシドド、エクロン)

・モアブ人、アンモン人

・エチオピア人(エジプト)

・アッシリア(首都ニネベ)

結局これらの国々もバビロン、ペルシャ、ギリシャによって滅ぼされてしまいます。

 

 

 

第3章。

ここからはイスラエル(南ユダ)の復興・回復について預言されます。

南ユダは、神様を信じず偶像崇拝をしていたため、

神様はバビロンを通して南ユダを滅ぼしますが、

その後、イスラエルが回復します。

 

あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新たにし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる。(3:17)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。