説教にちろって出てきた登場人物の話〜ヒゼキヤ王 義の行い編〜

この前の日曜の説教で、「ヒゼキヤ」という王様がちろっと出てきたので、

改めて調べてみました。

 

説教では、「宗教をきちんとわかっていない指導者が教えたら、

みんなをダメにする」という話の中で出てきました。

 

◉どの時代を生きた?(列下18〜、歴下29〜、イザヤ36〜)

ヒゼキヤ王は、南北分立時代を生きました。

 

ソロモン王がいろんな外国の女性と結婚してしまうことで、

いろんな宗教がイスラエルに流れ込んできた結果、

イスラエル北イスラエル南ユダに分かれてしまいます。

その時の、南ユダの王様です。

 

◉何をした?

一言で言うと、「主・神様が良しとされたこと」をしました

 

①ソロモン聖殿を清めて、きれいにした。(歴下29:3~19)

 

②罪祭を捧げた。(歴下29:20~24)

罪祭とは、大雑把に言うと、

「神様!私たちは罪を犯しました!牛を捧げます。

どうか許して下さい!」というのが罪祭です。

 

神様は、牛が欲しかったのか。。。

いや、そうではありません。悔い改める心と行いが欲しかったのです。

昔は、捧げ物を通して神様に進みでる風習でした。

 

③燔祭を捧げ、讃美をした。(歴下29:25~30)

燔祭は、動物を焼いて捧げる礼拝です。

そして、楽器を鳴らし、歌を歌いました。

今も、礼拝は「讃美」と「御言葉」は必ずありますね。

 

④聖殿に犠牲と感謝の供え物を捧げた。(歴下29:31~36)

④「過越の祭り」を行うようにした。(歴下30:1~27)

人は、忘却の動物です。そう、忘れちゃうんですよ。。

「人間だもの。。。」byみ○を

 

イスラエルが昔、エジプトで奴隷生活をしていた時、

イスラエル民族がエジプトを去る前に10の災いをエジプトに下します。

最後の10個目の災が、動物も人の子も初子が死ぬという災だったですけれども、

神様は、羊の血をドアにつければ、その災いを受けないようにして下さいました。

そうして、イスラエル民族は災いを免れたのです。

(詳しくは出エジプト12章を見てね。)

 

その出来事を忘れずに、神様に感謝するお祭りです。

人間だって誰かに良くしたのに(別に見返りを求めていなくても)、

「え?そんなことしてくれたっけ?」とか

「(ありがとうとか言わん。。)」とかだと、むむっ!?って思うじゃないですか。

神様も同じと言うことです。

と言うことで、皆さん、神様に感謝しましょう!!☺️

 

ちなみに、今でもやっています!

仕事でイスラエルと取引をしたりしていますが、

メールで「Passover(過越の祭り)なのでオフィスはお休みです。」と連絡がきます。

「おおお!過越!!今もしてる!!」とか思いますが。

今もしているようです。

 

以上、ヒゼキヤ王が行ったことでした!

 

説教では、「宗教をきちんとわかっていない指導者が教えたら、

みんなをダメにする」という話の中で出てきましたが、

ヒゼキヤ王は、神様を信じる良い王様でした。

だから、王についていく民も正しい道に行くことができまました!

 

しかし、そんなヒゼキヤ王に事件が!?!?

続く。。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。