説教にちろって出てきた登場人物の話〜ヒゼキヤ王 出来事編〜

 

今日は、ヒゼキヤ王に起こった事件を書きます☺️

 

◉時代背景&戦い①(列下18:9~16)

 

この頃、イスラエルの近くに「アッシリア」という国がありました!

でかい!!!

 

バビロン&エジプト VS アッシリア

で戦いをしていました。

そこに、南ユダバビロン&エジプト側について参戦をします。

 

↓(こうなった。)

 

バビロン&エジプト南ユダ VS アッシリア

 

けれど、アッシリアは強かったんですよ。。でかいし。。

エジプトとバビロン軍はやっつけられ、南ユダの都市もいくつかとられてしまいました。

 

それで、南ユダ王 ヒゼキヤは、こう言います。

 

“ヒゼキヤ王”
我々が間違えた。許してくれ。。

なんでもするから、南ユダから引き上げてくれ。。

 

こうして、アッシリアからお金を要求されたので、それを支払いましたとさ。

 

 

戦い、終わり。

 

 

◉戦い②(列下18:19~37

 

しかし、またアッシリアが攻めてきたのです!!

そして、アッシリアの王の家来(ラブシャケ)ヒゼキヤ王と神様Disってきたんですよ!!
(※Disるって、ラップ用語で「悪口を言う」っていう意味ね。)

 

“ラブシャケ”
イスラエルの民たちよ!!聞け!!

ヒゼキヤ王に騙されてはならない!!

ヒゼキヤ王が「神様は必ずイスラエル民族を助けてくださる!」

と言っても信じてはいけない!!

 

我々アッシリアは、いろんな国を倒してきたが、

その国々のうち、どの神が救ったのか!?

どうして神様がイスラエル民族を救うことができるのか?!

(いや、できない!!)

 

しかし、イスラエル民族は何も言いませんでした。

ヒゼキヤ王が何も言うなと言っていたので。。

王と民族の絆強し。。

 

 

◉ヒゼキヤの必勝法

さて、では、この戦いにヒゼキヤ王は、どう立ち向かったのか?

 

①預言者に相談する。(列下19:1~7)

預言者とは、「神の言葉を預かる人」です。

ヒゼキヤ王の時代、イザヤと言う預言者が生きていました。

イザヤ書を書いた人です。

このように、道(御言葉)がわかる人に尋ねると言うのは非常に賢い方法ですね。

 

ヒゼキヤ王イザヤに相談すると、イザヤはこう言いました。

アッシリアの家来たちがDisったのを恐れる必要はない!!

アッシリアの王は、自分の国でつるぎに倒れるだろう!!」

 

「いやいや、アッシリアでかいですから〜。恐れる必要ありですよ〜。

と言いたいところですが、ここで信仰の力が試されるわけです。

 

御言葉を信じるのか。。それとも信じないのか。。

う〜む。。

 

②祈る。(列下19:14~34)

それから、ヒゼキヤ王は祈りました。

 

「神様、助けて下さい。どうかアッシリアから救い出して下さい。

そうすれば地の国々はみな、主であるあなただけが神でいらっしゃることを知るでしょう。。」

 

 

ただ自分たちが助かるだけでなくて、伝道のことも祈りに入ってますよ。。すごいな。。

さすがです。。

 

イザヤは言いました(厳密に言うとイザヤが人を遣わしたのがだ)。

 

「(神様は)あなたの祈りを聞いた。

アッシリア王は、イスラエルに来ないし、攻めることもない。

私は、この町を守って、救うだろう。」

 

おお。。なんと。。アッシリアは、攻めてこないそうです。

 

さて、結末はどうなったでしょうか。(列下19:35~37)

 

主の使がきて、アッシリアの陣営で185,000人を殺したそうです。

イスラエル人戦わず。。主の使いたるものがやってくれたよ。。)

 

また、アッシリアの王様は、帰ってニスロク神殿で礼拝をしていたようですが、

自分の子供に殺されてしまいました。

 

なんと!!!まさか自分の子供に殺されるとは。。

 

以上、ヒゼキヤ王出来事編でした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。