聖書について

北イスラエル⑥:オムリ王

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は、北イスラエルの六番目の王様、オムリ王を見てみたいと思います。

 

基本情報

・名前:オムリ

・在位:紀元前876年-869年?(12年間) ※Wikipedia

・聖句:列上16:15-28

・信仰:偶像崇拝

 

王になる経緯

オムリは、元々は軍の長でした。

イスラエル民族が「ジムリ(オムリの前の王である)が当時の王(エラ)に反抗して、王になった。」という噂を聞き、オムリがを王になりました。

(ややこしい。。詳しくはジムリの最期をご覧ください。)

 

しかし、このままオムリが王になったわけではないようです。

イスラエル民族はオムリ派テブニ派の二つに分かれ、対決します。

結果はオムリが勝ったのでオムリが王になりました。

 

王としての業績

(1)首都をサマリヤに移した

銀2タラントでサマリヤの山を購入したました(銀2タラントが現在のお金でいくらくらいなのかは不明)。

これまでは北イスラエルはテルザ(ティルツァ)を首都としていましたが、以降、サマリヤが首都になります。


引用:イスラムの歴史

聖句の中でサマリヤと出てくると、北イスラエル全体を指したりもしますね。

北イスラエルは代々「偶像崇拝」の国だったので、南ユダからすると良いイメージはありません。

それもあって、新約時代でもイスラエル(南ユダ)からは忌み嫌われていましたね(例:サマリヤの女)。

ちなみに「サマリヤ」という名前は、この土地を持っていた地主の名前「セメルさん」から来ているようです(列上16:24)。

(2)偶像崇拝をした

代々の王様のように偶像崇拝をしたようですが、その代々の王様以上に神様から見て悪を行ったと書かれています。

 

最期

オムリがどのように亡くなったかは、具体的には書かれていないですね。

オムリは、自分が購入したサマリヤの土地に葬られたようです。

 

以上、オムリでした。

関連記事

PAGE TOP