北イスラエル⑤:ジムリ王

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は、北イスラエルの五番目の王様、ジムリ王を見てみたいと思います。

ジムリと言えば、王の在位期間7日間というスーパー短期間王です!!

 

基本情報

・名前:ジムリ

・在位:紀元前876?(7日間!!) ※Wikipedia

・聖句:列上16:10-20

・信仰:偶像崇拝

 

王になる経緯

ジムリが王になる前は、王(エラ)の家来、戦車隊の指揮官でした。ジムリが王に背き、王を殺して自分が王になります。

 

王としての業績

王になって行ったことを書こうと思います。

(1)バアシャ一家を殺した

書いた通り、バアシャ一家を殺しました。これによってエヒウ預言者の預言が成就されてしまいました。

(2)偶像崇拝を行った

代々の王に従って、偶像崇拝を行ったようです。

 

 

最期

前の王エラを殺して王になったジムリですが、たった7日間の在位で自害してしまいます。

どんな経緯があったのでしょうか。

地図を参照しながら、ゆっくり見ていきたいと思います。


引用:イスラエルの歴史

①まずジムリは、テルザ(ティルツァ)という都市で国を治めていたようです。

 

②その頃、北イスラエルでは、ギベトンというペリシテ人の土地を攻めようと陣を取っていたいました。(イスラエル人VSペリシテ人の戦いはずっと続きますね。いまだに続いています。)

そうして陣を取っていると、人々は「ジムリエラ王を殺して、自分が王になった」という噂を聞いたわけです。

そして、北イスラエルの兵士たちは軍の長オムリをイスラエルの王にしました。
(つまりは、北イスラエルの兵士たちは、ジムリを支持していなかったわけですね。)

 

③人々は軍の長オムリを筆頭にギベトンを出発してテルザ(ティルツァ)を囲みました。

 

ジムリは自分が治めていたテルザ(ティルツァ)が陥落するのを見て、自害してしまいました。

 

以上がジムリの最後の経緯です。

難しいですね(私も書きながらジムリやらオムリやらワケワカメになっていました)。

 

そんなこんなで、北イスラエル五番目の王、ジムリさんでした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。