北イスラエル③:バアシャ王

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は、北イスラエルの三番目の王様、バアシャ王を見てみたいと思います。

 

基本情報

・名前:バアシャ(バシャ) ※名前は訳によって色々

・在位:紀元前900-877年?(24年間) ※Wikipedia

・聖句:列上15:16-16:6

・信仰:偶像崇拝

 

王になる経緯

今まで北イスラエルの王様を見てきました。

最初にヤラベアムが王となり、彼の死後、息子のナダブが王となります。

その2年後、ナダブバアシャという人物に暗殺され、バアシャが次の王になります。

 

王としての業績

バアシャが王になってから行なったことを書こうと思います。

 

(1)ヤラベアム一家を殺した

バアシャは前王様のナダブを殺した後、すぐにヤラベアム全一家を殺しました。

そうしてヤラベアムの時にいたエヒウ預言者の預言(列上14:7-11)が成就したのです。

 

(2)南ユダと戦争をした

初代王様ヤラベアムの時もそうでしたが、三代目バアシャの時になっても北イスラエルと南ユダは戦争をしていました。

ところで、一つの戦争のエピソード(列上15:16〜)が書かれていますが、わかりにくいのでここでゆっくり書いてみたいと思います。

北イスラエルは赤南ユダは青で表示)

まず、バアシャ王が攻めに入ります。バアシャ王ラマを築きました。ラマとは「高いところ」という意味で、つまりは「砦」です。

このラマは、南ユダ北イスラエル方面から物資を運び入れる際に通過する場所になるので、ここに「砦」を建てるということは、南ユダにとってかなり痛いのです。

そこで南ユダは、金品を持って近隣国のシリヤに同盟を持ちかけ、シリヤ北イスラエルを攻撃してもらいます。

シリヤは、北イスラエルの北の地方(イヨン、ダン、アベル・ベテ・マアカ、キンネレテ、ナフタリ)を攻撃し、それによって北イスラエルラマ(砦)を作ることを断念しました。

そこで南ユダの王様は、北イスラエルラマ(砦)を作ろうとしていた時の材料を用いて、別な土地(ゲバ、ミヅパ)に砦を築きます。

 

上のストーリーを地図を見ながら追っていくと、見えてくると思います。


地図の引用:イスラムの歴史

 

(3)偶像崇拝をした

初代王様ヤラベアム、その子ナダブ同様に、バアシャも偶像崇拝をしていました。

 

最期

バアシャが具体的にどのように死んだのかは書かれていませんが、バアシャも偶像崇拝を行ったことが神様の前に大きな罪になり、後にバアシャ一家が滅ぼされてしまうことが、エヒウ預言者によって預言されます。

そして実際にこのあと、五番目の王様であるジムリによってバアシャ一家は殺されてしまいます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。