シャインマスカットの悟り

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

昨日、友達からシャインマスカットを頂きました。皮まで食べれる贅沢品です(笑)。

昨晩、早速頂きました。

 

娘も月齢的に食べられるのですが。

いいマスカットだし、大人は皮ごと食べれるけど、赤ちゃんだと皮を剥いてみじん切りにするという手間が生じるので、もうちょっと成長してからでいいか、と思いました。

しかし、「あー!あー!」言いながら欲しがったのであげることにしました。

 

そうすると主人が「(娘の名前)ちゃん、良かったねぇ。求めれば与えらるんだよ〜。」と、マタイによる福音書の聖句を言いました。

求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見い出すであろう。門を叩け、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門を叩く者は開けてもらえるからである(マタイ7:7-8)

 

ああ、私でさえ子どもが求めれば多少手間でも与えるのに、ましてや神様なら与えないはずがあろうか、と今まで以上に現実味を帯びて感じました。

そして、まさにそのことが上の聖句の続きに書かれています。

このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子どもには、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者には良いものをくださらないことがあろうか。(マタイ7:9-11)

 

神様の与えたい心情について悟った日常の一コマでした。

ちゃんちゃん。

 

写真:Wikipedia

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。