受ける愛・与える愛

 

先日は、去年教会での仕事を頑張った女子大生たちが遊びに来てくれました。

キリスト教福音宣教会(CGM)に来たばかりの頃は、

お姉さんたちがあれこれ可愛がってくれて、「愛を受ける」ことが多かったですが、

長くなると、徐々に大人になり、「受ける愛」から「与える愛」に不思議と変化して行きます。

 

CGMの御言葉〜

与える愛は、もらう愛より千倍万倍深い。

もらうだけの愛はいつも限界にぶつかる。

しかし与える愛限界がない。

 

でも、「与える愛」をやろうとしても結局「得るもの」も大きく・・。

 

家にいろなん人が来てくれますが、

おかげさまで数年前より料理のレパートリーは増えたかな?と思います。

まだまだ作ってみたい料理があるので、続けてやってみよう!

 

 

右から、アリゴ、煮込みハンバーグ、サラダ。

 

アリゴは、ジャガイモとチーズのフランス料理で、

加熱すると伸びて楽しいので、パフォーマンス重視の料理でおもてなしにオススメです。

お好みで粗挽き胡椒を入れると良い感じでした!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。