大人の工作

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

 

突然ですがモンテッソーリ教育というのをご存知でしょうか。

イタリア人の医師マリア・モンテッソーリさんが提唱した教育法で、

あまり詳しいことを説明すると長くなってしまうので割愛しますが。

「『子ども』を『一人の人』として接する」という考え方が良いなぁと共感し、

いくつか自分の育児に取り入れてみることにしました。

 

もうすぐ生後2ヶ月なのですが、少しずつ周りの物が見えてきているようなので、

モンテッソーリ教育でよく用いられている(らしい)モビールにぎにぎを作ってみました。

 

にぎにぎは、中身がお米だったり通常プチプチと呼ばれる緩衝材だったりして、

手触りや重さが違うことで赤ちゃんが握って楽しむようです。

 

モビールは、段ボール製です(笑)。

しっかり直立させるところが苦労しました(笑)。

我が子が声を出してモビールで遊んでくれている!!

感動物です(笑)。

 

もともと工作大好き人間の私。。

夏休みの工作は凝り性全開で取り組みました(笑)。

子どもが大きくなったら一緒に工作したいものです😀

 

今も私がブログを書いている横でモビールで遊んでくれています。

おっと!!泣き出してしまいました。

それでは、また日常に戻ります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。