本当に大事なこと〜子どものおもちゃ〜

ちょっと早いけれど、子どもに何かおもちゃを買いたいなぁと思い、色々サイトを見ていましたが、

いろんなカラフルなものがあり、どれも可愛いですね。

DIY(自作)のおもちゃもあり、工作好きな私としては、没頭して作ってしまいそうです。

おもちゃを見ているだけで、時間ばかりがたってしまい、

子どもがぐずってしまいました。

「ああ、おもちゃをもっと見ていたいのに。」と思いつつ、

一体誰のためのおもちゃ探しなのか、と思いました。

 

ぐずったベビちゃんを抱っこすると、にっこり笑顔〜😀

そうか、かわいいおもちゃより、ママが頑張って作ったおもちゃより、

ただ一緒に楽しく過ごすことの方がベビちゃんにとってもっと価値ある時間なのかもしれない、と

思いました。

 

「愛するとは、相手が願っていることをして差し上げること」

この御言葉が思い浮かび、子どものためと思いながら、

気がついたら、ただ自分が良かれと思ってやっているだけで、

自己満足に終わってしまったらいけないなぁと思いました。

 

いっぱい抱っこしてあげよう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。