礼拝とは

今週先週は、礼拝について御言葉を伝えて下さいました
(ちょっとアップが遅くなってしまった。。)。

 

聖書の中の初めての礼拝は、アブラハムが祭壇を築くシーンになります。

シケムという土地で神様が現れて、神様の声を聞くようになったので、

アブラハムは、それを褒め称え、祭壇を築きました。

 

あれ以来、神様が現れた場所で、祭壇を築くんですよ。

神様が現れる→祭壇。神様が現れる→祭壇。。

それが、今の「礼拝」の原点になるんですねぇ。。

 

今週先週の御言葉で、

「礼拝とは、神様に会う条件だ。」

ということを言っていましたが、聖書を見ても本当にその通りなのだなと

思いました。

 

4000年近くも前から、「礼拝=神様に会うこと」と変わらないのは、

すごいですね!!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。