聖書ノート公開!?

昨日は、仕事初めでした。

なんだかヘロヘロ。会社のパソコンも調子が悪かったので、

パソコンを強制終了すると共に、仕事も強制終了して帰ってきました!(笑)

 

年始は、主人の故郷に帰って、お母さまと「白熱!?聖書勉強会」をしました!

めっちゃ楽しかった〜(笑笑笑)

 

お母さまも楽しみにてくれていましたが、私も楽しみにしていたので、

聖書ノートを作りました!

 

題して!!(笑)

『一目でわかる聖書シリーズ!!』

 

まずは、旧約。

(1)「一目でわかる!!旧約聖書」

 

ぐはっ!!見づらい!!

見づらいかもしれない。。いや、見づらい!!

読者の皆さま、拡大して頑張ってください(おいおい汗)。

いや、でも大丈夫。ちゃんと見やすいものを追って作ります。

 

このノートは、歴史の流れを重視して書きました。

創世記からエステル記までは大体時系列ですが、

と言ってもサムエル記・列王記歴代志は時代が被っていますし、
(※歴代志上10章からストーリーが始まりますが、そこはサム上31章にあたります。)

いろいろ歴史の流れを知ると、非常に面白いと改めて思いました。

 

続いて、新約!

(2)一目でわかる!!新約聖書

だから、見づらい・・。

うん。ドンマイ!!

 

個人的には、使徒行伝が苦手なので、使徒行伝を詳し目に書きました。

使徒行伝は、イエス・キリストが亡くなってから、その弟子たちがキリストを述べ伝えるお話です。

伝道するのです!(注:勧誘ではありません。)

 

今回、感動したのが使徒行伝1:8にこんな聖句があるんですよ。

 

「ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、

エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、私の証人となるであろう。」

 

そして、使徒たちは本当にこの順番で伝道して行くんですよ!

 

つまり、使徒行伝は、

「エルサレムの伝道活動→ユダヤとサマリヤの伝道活動→地の果て(当時の世界の中心地ローマ)」
(エルサレム:2:5~、ユダヤ・サマリヤ8:1〜、ローマ着:28:14)

という流れになっているのです!!

 

すごくないっすか!?!?(感動の押し売り)

最初にちろっと言ってるキリストの発言が成就してるんです!

しかも、この時なんて弟子たちもあんまりわかってない(笑)。

 

しかも、弟子たちが「うん。キリストが言ったから、次はユダヤ・サマリヤに行こう!」という感じではない。

大迫害が起こり、人間的には仕方なく(?)ユダヤ・サマリヤに散らされて行ったのです。

 

う〜む。。。個人的には感動しました。はい。

 

そんなこんなで白熱!?聖書勉強会は終わりましたとさ。

 

上の写真で、後ろの招き猫とだるまは、私の母が送ってくれたお菓子。

前のお寿司のハンカチは、主人のお母さまがプレゼントして下さいました。

(私が寿司好きだからです(笑))

親の愛は、大きいですね。。(T ^ T)感謝!!

 

以上、年始の思い出でした。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。