聖書要約〜詩篇〜

 

詩篇です。

詩篇は、ダビデが書きました。

 

ダビデといえば、統一王国時代の王様です。

ゴリアテという巨人を倒したり、領土拡大したり、琴プレーヤーだったりしたので、

そう言ったところをクローズアップするとパワフル華やかなイメージを持つかもしれませんが、

サウル王(ダビデの前の王様)に命を狙われたり、自分の子であるアブサロムに命を狙われたりと、

逃亡生活が多かった人でもあります。

 

人生イケイケ✨だった時も、命を狙われやっとのことで生きていた時も、

いつも神様を讃美し、褒め称えて生きていました。

 

そんなダビデが歌った歌が詩篇には収められています。

それでは、いくつか詩篇をご紹介⭐️

 

(1)詩篇の背景編

第18章を見ると、小さい字で

「(省略)主が諸々のあだの手とサウルの手から救い出された日に

ダビデはこの歌の言葉を主にむかって述べて言った」

と書かれています。

 

つまり、サウルダビデの命を狙って追いかけてきたけれど、

神様ダビデを助けて下さった。

その時に歌った歌ということです。

こうして、背景をわかって読むと、詩篇の言葉が心に入ってきやすいですね。

 

わが力なる主よ、わたしはあなたを愛します。

主はわが岩、わが城、わたしを救う者、

わが神、わが寄り頼む岩、

わが盾、わが救いの角、わが高きやぐらです。

わたしはほめまつるべき主に呼ばわって、わたしの敵から救われるのです。(18:1-3)

 

 

(2)賛美歌編

詩篇から多くの賛美歌も作られたりしました。

 

主はわたしの牧者であって、わたしには乏しい事がない。(23:1)

 

この聖句から賛美歌『主はわが飼い主』という曲が作られました。

総裁が何度も讃美した曲でもありますね。

 

 

(3)新約聖書に出てくる聖句

イエス様が40日間、悪魔に試みられるシーンがありますが、

悪魔がこのように言います。

 

“悪魔”
あなたが神の子であるなら飛び降りてごらんなさい。「神はあなたのために御使いたちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう」と書いてありますから。

 

この悪魔の引用した聖句は、詩篇91:12にあります。

これは、詩篇を読んでて発見し、

「うおーーーー!!!」書いてあるーーー!!」と思ったのを覚えています(笑)。

 

 

(4)番外編

詩篇は、下の方に「セラ」と何度も書いてありますが、

これは「休み」という意味のようです。

詩篇は、歌ですからね。休符的な感じなわけです。

 

他にも聖歌隊や指揮者がいますが、この時代からいたんですね〜。

 

はい、そんなこんなで、以上を「詩篇まとめ」としたいと思います。

全部で150章もあり、ちょっと長いですが(それだけ神様をたくさん褒め称えたということです)

ぜひ見てみてね!

 

それでは、また〜☺️☺️☺️

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。