聖書要約〜列王記上下(南北分立時代 王様紹介編)〜

ソロモン王は、多くの異国の女性と結婚したため、外国の宗教がたくさん流れてきました。

それに怒った神様が、イスラエルを北と南に分裂させてしまいました💢💢

 

こんな感じ↓↓

青:北イスラエル オレンジ:南ユダ


引用:Wikipedia

 

南ユダは、比較的神様をよく信じる国でしたが、北イスラエルは、神様を信じない国でした。

 

ここから、たくさんの王様が登場します。

こんな感じ↓↓

 

これは、クリスチャンセンターという、いろんなキリスト教グッズが売っているところで

はがきサイズのこの表があったので、購入しました。

当時は、まだ聖書の内容がしっかり分からず、物珍しかったから買ったのですが、

あとで重宝するようになるとは。。。

重宝しすぎてはがきサイズ版はだいぶボロボロになってきたので(一番上の写真参照)、

朽ちない(?)電子版を作成しました。

 

この表のいいところは、王様と預言者が一つの表になっているとことだと思います。

 

例えば、「エレミヤ書」はいつ頃書かれたものかな?と考えると、

南ユダヨシアエホヤハズエホヤキムゼデキヤなど、

南ユダがあまり神様を信じないために、エジプトが攻めてきたり(エホヤハズエホヤキム)、

バビロンに捕囚されたり(エホヤキンゼデキヤ)と、

南ユダが滅ぶ直前の時代の人だったのだなぁとわかります。

 

各王様でストーリーがあったりなかったり(ないというか短い)しますが、

列王記下ソロモン以降列王記下までは、上のようにたくさんの王様が出てくるのです。

 

次回は、もう少しストーリーに焦点を当てて、南北分立時代を書きたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。