聖書について

聖書要約〜歴代志上下〜

歴代志まで来ました。

歴代志上を開くと、アダムからずっと名前が羅列されております。

(゚Д゚)!!

10章まで続くので、読み飛ばしても良いと思います😅。

 

旧約聖書全体の要約にも書きましたが、

歴代志上は、系図まで入れると創世記から書かれているのです。

 

 

今までのストーリーの総復習な感じですね!

 

歴代志上10章から、ようやくお話的なことが始まります。

[aside type=”boader”]歴上10~→サウルの死(サムエル上31〜)

歴上11:3→ダビデ、王になる。

歴下1~→ソロモン、王になる

歴下10~→南北分立時代からバビロン捕囚まで(※南ユダの話のみ)[/aside]

 

ただ、今までと違うのは、南北分立時代に関して、

南ユダが中心に書かれていることです。

 

北イスラエルの王様も名前程度は出てきますが、

王様がしたことや出来事の描写はありません。

 

他にも列王記には書かれていないエピソードもちらほら。。

いつか、歴代志とサムエル記〜列王記の相対表を作ってみたいですが、おいおい。。

 

以上、歴代志でした。

 

関連記事

PAGE TOP