聖書要約〜エズラ記:エズラって誰?編〜

 

エズラ記後半です。

ところでエズラって誰なのでしょう。

エズラ記と称しながら、エズラってなかなか出てこないんですよね。。

あ、ちなみに人名です。

 

エズラは、7章になってようやく登場します。

 

◉エズラって誰?

エズラとは・・・・。

 

ズバリ!!

 

祭司であり、律法学者です!!

 

そう、エリートさんなんですよ。

 

また、ペルシアの王様からも非常に信頼されていた人で、

律法学者だったので、律法に照らしてイスラエルの事情を調べるように言われたり、
(ちゃんと律法を知らないとできないことですよね。)

人々が真心で捧げたお金で捧げ物を買うことも任され、
(横領する人は任せられないですよね。)

余ったお金でどうするかも、神のみ旨に従って行えと言われ、それも任されています。
(律法に合わせて正しい判断ができないといけないですね。誰でもはできません。)。

 

また、人々にも律法を教えるように言われたり、罪を裁く裁判官のような役割も任されています。

 

うむ。そんな人です。

 

 

◉そんなところに事件発生!!

そんなエズラ他の民たちと共にバビロンからイスラエルへと戻り、

燔祭を捧げたところ、司たち(祭司)エズラのところに来て言いました。

 

「イスラエルの人たち、祭司たち(アロンの子孫たち)、レビ人たち(祭司的な仕事をしていた)が

近隣諸国の人たちと結婚しちゃってます!!!」

 

なんやてーーーーーー??????


引用:Wikipedia

 

なんでやねん。。。なんでやねん。。

 

なんでバビロン捕囚起きたかって、神様信じなかったからだし、

なんで信じなくなったかって異国の人と結婚して

違う宗教(偶像崇拝)が混っちゃったからやん。。

 

もう神様に合わせる顔ないやん。。ないやん。。ないやん。。ないやん。。ないやん。。

 

こうしてエズラは、神様に懺悔したのです(エズラ9:5~をチェケラ!!)。

 

 

その姿を見て、イスラエルの民も今までの行いを恥じました。

 

結局、異邦の女と結婚した人たちは、エズラの指示に従い、

その女・子どもと別れる(離縁する)ようになりましたとさ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。