聖書要約〜ヨシュア記〜

 

 

◉前回までのあらすじ
モーセを筆頭にイスラエル民族は、エジプトを出てカナンの地へと向っていましたが、不平不満とモーセに対する不信でシン荒野横断に40年もかかってしまいました。イスラエル民族は、残念ながらカナンの地へは辿り着けず、モーセもヨルダン川の手前(地図の青矢印の部分)で死んでしまいました。

ここからは、ヨシュアを筆頭にイスラエル民族の第二世代(第一世代の子供たち)がカナンの地へと向かいます。上地図の青矢印の部分からスタートです。

 

◉ストーリー

 

ヨシュア記は、大まかに言うと、ヨルダン川を渡って、南側(地図下側)を攻め取り、次に北側(地図上側)を攻めます。こうして、カナンの地を得ましたとさ、というお話です。最後にみんなで土地を分配してヨシュア記は終わります。

 

もう少し詳しく、有名なお話をいくつかPick Upしてみようと思います(地図の赤字の部分です)。

 

(1)エリコの戦い(ヨシュア5, 6章)

ヨルダン川を渡って最初に攻めたのは「エリコ」です。

「エリコ」と言う町は、でかい!!強い!!

31部族の中で一番強いと言っても過言ではありません。

そんな「エリコ」を1日1回×6日間+最後の7日目に7回まわり、「エリコ」を滅ぼしたというお話です。

 

(2)アイの戦い(ヨシュア7, 8章)

今度は、「アイ」。「アイ」は、エリコに比べて小さい!

エリコに勝ったんだから、アイなんて楽勝さ〜!!と思いきや、なぜか敵に勝利できないイスラエル民族たち。

なぜなら、アカンという人が、奉納物において罪を犯してしたからでした。

神様は、こう言いました。

あなたがたのうちに、滅ぼされるべきものがある。その滅ぼされるべきものを、あなた方のうちから除き去るまでは、敵に当たる事は出来ないであろう。(ヨ7:13)

 

アカンに罪があることがわかり、アカンが滅ぼされると勝利することができましたとさ。

 

(3)ギベオンでの戦い(ヨシュア10章)

日を止めて、戦いに勝った奇跡が書かれているお話です。

「いや、太陽って既に止まってるし。。」など、宗教と科学が対立する場面でもあります。

でも、正しくわかれば宗教と科学は対立しないのです。

詳しく知りたい人は、キリスト教福音宣教会に来てね。

 

以上、簡単にヨシュア記でした。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。