聖書要約〜サムエル記上〜

 

サムエル記。士師時代が終わり、ここからは統一王国時代となります。

 

◉サムエルとは?

サムエルは、預言者です。神様の御言葉をもらい、人々に伝える人です。

サムエルのお母さんは、ハンナ

なかなか子どもが生まれなかったため、切実に神様にお祈りし、

「もし、子どもが生まれたら、神様に捧げます!!」と告白したところ、

念願かなって生まれたのがサムエルでした!

 

◉神様の箱が奪われた!?

モーセが神様から受け取った十戒が書かれた石板。

イスラエル人は、神の箱と呼ばれる御神輿的なものに入れて、保管していました。

しかし!!ペリシテ人が攻めてきて、神の箱を奪われてしまったのです!!

これは大ピンチ!!だって御言葉が奪われたのですから!!

 

神様は、神の箱を奪ったペリシテ 人に腫れ物ができるようにさせます。

そうすると、ペリシテ 人は、「やべぇ。。」と思って、

他の土地に神の箱を移動させるんですよ。

するともう、神の箱が行くところ行くところ、みんな腫れ物ができちゃうという。。

もはや、ペリシテ 人にとっては、呪いの箱と言っても過言ではなかったかもしれません。

 

さすがに「やべぇ。。」と思ったペリシテ 人は、神の箱をイスラエル人に返します。

手ぶらで返すのも微妙なので、金の像も作って一緒に渡します。

そして、無事に神の箱がイスラエル人に戻ってきました。というお話です。

 

◉サウル王、誕生!!

サムエル預言者もだんだん年老いてきました。人間だもの。。みつを。

サムエルは良かったんですけど、その子ども達はダメダメだったんですよね。

賄賂とか賄賂とか、そういう系で。。

 

そこで、イスラエル民族が

「王様が欲しいよ〜。他の周りの国とかさ、王様がちゃんと治めたりして、

王様いいじゃ〜ん!!王様〜!!」と言うんです。

(※イメージ図!?)

サムエルは、あまり賛成してませんでしたが、神様も民の言うことを聞き入れなさいと言うので、

王様を立てることにしました。

 

そこで立てられたのが、サウル王です!!


(引用:wikipedia)

 

くじで決まりましたが、長身!イケメン!!親もリッチ!!という

なかなか良さそうな人でした。

 

が、しかし、、。始めは良かったのですが、

御言葉にうまく従えず、、神様にもサムエルにも怒られ、、

王様の地位は、他の人に移って行ってしまいます。。

 

従うことは犠牲に勝り、

聞くことは雄羊の脂肪に勝り、

そむくことは占いの罪に等しく

強情は偶像礼拝の罪に等しいからである。

(サムエル上15:22-23)

 

ここのストーリーは、この聖句が有名ですね。。

サウルがしたことは、一見神様のためにしたと思える部分もあるのですが、

神様が御言葉とは合致していない。。

 

捧げ物や礼拝よりも「従順に御言葉に従うこと」がいかに大事なことなのか、

また、強情は、偶像礼拝の罪に等しいとまで言っています。

 

◉サウルとダビデの追いかけっこ

サウルは、王様の仕事がうまくできなかったので、

違う人が王様になるようになりました。

その名もダビデ

 


引用:wikipedia

服は着てほしかったですが、この人です。はい。

 

ゴリアテという超大柄なペリシテ 人を倒した少年ダビデ

信仰もよく、言葉もうまく、イケメンで、琴プレーヤーだったようです。

 

しかし、サウル王からしたら面白くないじゃないですか。。

敵意、嫉妬心どころか殺意剥き出しで襲ってきます。

ダビデは、余儀なく逃亡生活をすることに。。

(この逃亡生活で神様を呼び求めたこと、神様に感謝したことが歌になって

詩篇に納められています。もちろん逃亡生活以外で神様を褒め称えた歌も。。)

 

ダビデは、サウル王を殺すチャンスもあったのですが、

サウルは、神様が油注いだ人(神様が王として任命した人)だから、、と言って

決して殺すことはしませんでした。

 

そして最後、サウル王は、ペリシテ 人との戦争で大怪我をし、

自害してしまいます。

 

こうしてサムエル記上は、終わりとなります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。