聖書要約〜ルツ記〜

 

今日は、ルツ記です。

まずは、登場人物紹介。

 

登場人物

ナオミ:イスラエルのユダ出身。イスラエルに飢饉があったため、息子2人を連れてユダからモアブへと引っ越す。その後、旦那も子どもも亡くし、未亡人となる。信仰もよく、思いやりのある優しいおばあちゃん。

マロンキリオン:ナオミの息子。異邦(=神様を信じていない国)のモアブ人の妻と結婚する。当時、モアブ人は、イスラエル人にめちゃくちゃ嫌われていた。理由は、民数記25章を見てみてね。

ルツ:言うまでもなくルツ記の主人公。マロンの嫁。モアブ人。信仰がよく、愛情深く、健気で勤勉ないい女。

ボアズ:ナオミの親戚。ボアズの母は、異邦人で遊女のラハブ(ヨシュア2)。異邦人でも遊女でも、神様を信じれば、神様は共にしてくださることを、自分の母の人生から悟っていたため、異邦人であるルツにも非常によくする。のちに、ルツと結婚し、その子孫はイエス・キリストに繋がっていく。

 

そんなこんなで、お話スタート!!

イスラエルに飢饉があったため、モアブ(地名)へ移動したナオミ(姑)とルツ(嫁)とオルパ(嫁)でしたが、

イスラエルが飢饉から復活したようなので、ナオミ(姑)はイスラエルに帰ることにしました。

 

ナオミ(姑)は、ルツ(嫁)とオルパ(嫁)はモアブに残るように言います。

だって大変じゃないですかー!!!

 

<大変な点>

①ルツとオルパは、モアブ人!:モアブ人はイスラエル人に嫌われていました。

民数記25章にあるんですけど、イスラエル人を偶像崇拝に導いた民族ですよ〜!

ルツがナオミと一緒にイスラエルに行ったら、

間違いなく人種差別に遭い、苦労することが目に見えています。

 

②ナオミ(姑)は、おばあちゃん:ナオミだって、いい年ですよ。

今からイスラエルでバリバリ働いて、人種差別に遭うしかないナオミたちを養っていくなんて、

到底できません。ルツが苦労することは目に見えています。

 

だから、ナオミはこう言うんです。

“ナオミ”
悪いこっちゃ言わねぇ。。モアブにさ、残れ。。あんたたちは、あんたたちの道を行って、幸せになりんしゃい。。(方言は勝手なイメージ)
“ルツ”
いいえ、私は行きません!!私もお義母さんと一緒にイスラエルに行きます!!

 

そんなこんなで、ルツは、ナオミと共にイスラエルに行きました。
(※オルパは、ナオミとの別れを惜しんでモアブに残ることにしました。)

 

ルツは、イスラエルに行きましたが、やっぱり苦労します。

仕事なんてないですよ〜。

仕方がないので、当時の一番低い仕事「落穂拾い」をします。

 


引用:wikipedia

 

そこで、一生懸命、真面目に働くんですよね。

朝早く起きて、休むことなく、、。

 

その姿に感動したのがボアズです。

そして、ボアズは、ルツと結婚しましたとさ(だいぶ話を端折ってます!!)。

 

結婚も今と同じように、パパパーン!(結婚行進曲)という感じではなく、

きっかけとしては、ナオミ(姑)が死んだ旦那の土地を売りに出すんですよね。

それで、当時の土地を売るルールで、

ナオミの土地を買うには、ただ土地を買うだけでなくて、

ルツも養って子どもも産んで、その土地を子孫に継ぐところまでしないといけないんですよ。

大変。。

 

本当は、ボアズの前に土地を買う権利を持つ親戚がいたのですが、

その人はルツを養うことまでは難しいということで辞退し、

ボアズが土地を買い、ルツと結婚して養うようになったのです。

 

この「妻にもらう」ことを「あがなう」とか「買う」とか表現しているのですが、

結婚してルツが持っていた負債を払ってあげることなんですよね。

 

ここで、深いのがこの行動が「キリストの行い」を表しているんですよ。

 

「負債」=「罪」

「あがなう/買い取る」=「許され、キリストのものになる」

 

コリント①6:20に、「あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ」という文がありますが、

新約のこういう表現は、上のストーリーと繋がっているのです。

 

ボアズとルツの子どもがオベデ。

オベデ→エッサイ→ダビデ→(中略)→イエス・キリスト

と繋がっていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。