聖書要約〜士師記〜

前回までのお話

無事にエジプトを脱出し、カナンに到着したイスラエル民族。カナンの地を12に分けて分配した後、ヨシュアを中心に「これから神様を信じること」を約束します。果たしてイスラエル民族は、神様を信じ続けることができるのか〜!?

 

カナンの地は得たものの、まだ得られていない土地があったので、

それらの土地を得ていきます。

そして、先に住んでいた部族を強制労働につかせたりしました。(1章)

 

ここから本格的に士師記が始まります。

 

◉そもそも「士師」とは?

軍事的、政治的指導者です。

※王ではありません。

 

◉ストーリー

士師記のストーリーは、実は決まっています。

①イスラエル民族は、主の前に悪を行います(神様を信じず、自分たちの好きなように生きていました。)

②周辺民族が攻めてきます。

③イスラエル民族が悔い改めて、主を呼びます。

④士師の登場!!からの〜、イスラエル民族を救います。

⑤イスラエル民族が助かる!!

⑥しかし、助かるとまた神様を信じなくなってしまいましたとさ。。

 

この繰り返しです。

 

◉士師たち

士師記には、以下の士師たちが登場します。

1.オテニエル

2.エホデ

3.シャムガル

4.デボラ

5.ギデオン(★重要★)

6.トラ

7.ヤイル

8.エフタ

9.イブサン

10.エロン

11.アブドン

12.サムソン(★重要★)

 

あまりエピソードがない士師もいますが、

エピソードがある士師の話は、上の①~⑥のストーリーに沿って進んでいきます。

ギデオンサムソンの話は、有名ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。