士師記⑧〜エフタ〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は、士師記のエフタについて書いてみようと思います。

エフタは8人目の士師です。

 

◉ストーリー

士師記のストーリーは決まっています。

(1) イスラエル民族が神様の前に悪を行う
(2) 周辺の民族が攻めてくる
(3) 悔い改める
(4) 士師を通して周辺民族をやっつける

それでは、見ていきましょう。

 

(1) イスラエル民族が神様の前に悪を行う
10:6に書いてある通りです。

バアル、アシタロテなど他諸々外国の偶像に仕え、神様を信じていなかったようです。

 
引用:バアル像

(2) 周辺の民族が攻めてくる
そのため、神様は、周辺民族であるペリシテ人やアンモン人がイスラエルを攻めてくるようにさせました。

 
(出典:『図解 聖書[世界史徹底マスター]』)


(3) 悔い改める
10:10に書いてある通り、イスラエル民族が悔い改めます。


(4) 士師を通して周辺民族をやっつける
イスラエル民族とアンモン人が戦うようになりましたが、その時にイスラエルの軍の隊長として選ばれたのがエフタです。

エフタの人生は次のような人生でした。

エフタは、正妻の子どもではなかったため、異母兄弟にいじめられ財産を相続できず、兄弟のもとを離れてヤクザの仲間入りをします。

そして、略奪をしながら生活するという、やんちゃな人生を送っていました。

エフタは、イスラエルの長老たちに軍隊の長になるようにお願いされ、「神様が、アンモン人を我々に渡されるならば。」ということで、軍隊の長になることを引き受けます。

(なかなか辛い大変な人生の中でも、神様を恨まず信じ続けて生きていたエフタはすごいですね。)

 

エフタはまず、アンモン人に言葉で説明します。(※論争の詳細はこちらの(1)を参照

 

“エフタ”
なんで我々を攻めてくるのか?
“アンモン人”
我々の土地を奪い取ったからではないか!返せ!!
“エフタ”
その土地は、元々はアモリ人の土地であって、君たちの土地ではなかったじゃないか!!それに、我々の神が我々にその土地をくださったから、その土地を取ったまでだ!

 

話し合いでは埒が明かないので、戦いが始まりました。(※戦いの詳細はこちらの(2)を参照

そして、エフタは神様に約束をします。

“エフタ”
戦いに勝って帰ったら、最初に私を迎える者を神様に燔祭として捧げます!

そして、見事、戦いに勝ったエフタ

最初にエフタを迎えてくれたのは・・・・。なんと、エフタの可愛い可愛い一人娘でした。

“エフタ”
よ、よりによって、お前が迎えてくれるとは・・・😢😢😢

こうして、エフタが神様に約束した通り、エフタの娘は神様への捧げ物として焼かれてしまったのです。

こうして、エフタは6年間、士師としてイスラエルを治めました。

(エフライム人とのごちゃごちゃはちょっと割愛)

 

以上、エフタの話でした。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。