士師記⑨、⑩、⑪:イブサン、エロン、アブドン

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

ちょっと間があいてしまいましたが、久しぶりに士師記です(前回)。

今回は、非常に短く存在感が薄い(苦笑)イブサン、エロン、アブドンです。

士師を十二人全員言って周りに自慢したい人以外は覚える必要もないと思います(笑)。

 

⑨イブサン

まずはイブサンです。聖書に書かれている情報は以下の通りです。

・ベツレヘム出身(イエス様と同じ!)
・30人の息子、30人の娘がいた(めちゃ子沢山!!)。
・自分の子供を他の氏族と結婚させた(政略結婚だったのではないか、と言われているようです)。
・士師は7年間務めた。
・ベツレヘムに葬られた。

 

⑩エロン

続いてはエロンです。彼の情報は以下の通りです。

・ゼブルン人だった。
・士師は10年務めた。
・ゼブルンの地アヤロンに葬られた。

 

⑪アブドン

次にアブドンです。

・エフライム人(その中のピラトンという土地にいた)だった。
・40人の息子と30人の孫がいた(子孫繁栄!)。
・士師は8年間務めた。
・エフライムのアマレク人のピラトンという土地に葬られた。

 

以上、存在感の薄い士師3名でした。

次回は最後、サムソンです。サムソンは重要なので是非名前を覚えてあげましょう。

ではまた!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。