聖書について

士師記③〜シャムガル

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は、士師記のシャムガルについて書いてみようと思います。

 

シャムガルは、士師記に出てくる3人目の士師です。

 

◉ストーリー

士師記のストーリーは決まっています。

[aside type=”boader”](1) イスラエル民族が神様の前に悪を行う
(2) 周辺の民族が攻めてくる
(3) 悔い改める
(4) 士師を通して周辺民族をやっつける
[/aside]

それでは、見ていきましょう。

 

(1) イスラエル民族が神様の前に悪を行う
聖書には書いていないですが、士師記全体の流れからすると、きっとイスラエル民族は神様の前に悪を行ったことでしょう。


(2) 周辺の民族が攻めてくる
聖書には書いていないですが、「ペリシテ人を殺した」とのちに出てくるのでペリシテ人が攻めてきたのでしょう。ペリシテ人は、イスラエル民族をよく攻めていた民族でもあります。


引用:図解 聖書[世界史徹底マスター


(3) 悔い改める
士師シャムガルを通してペリシテ人をやっつけていることを考えると、きっとイスラエル民族は悔い改めたのでしょう。

(4) 士師を通して周辺民族をやっつける
そして、シャムガルが牛のむちでペリシテ人600人をやっつけてイスラエルを救ったようです。

 

めでたしめでたし。

聖書ではたった1節3行で書かれています。

関連記事

PAGE TOP