聖書要約〜民数記〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は民数記について書いてみたいと思います。

 

出エジプトは、モーセがシナイ山で十戒などさまざまな御言葉をもらい、幕屋を建てるところで終わりますが、民数記はそれ以降の話です。

 

◉ストーリー

(1)人口調査と規定(1章〜10章)

いざ、シナイ山を出発!の前に、人口調査をします。イスラエル民族は何人いるかな?

ことの始めを辿ってみると、エジプトの奴隷生活が始まる前、イスラエルの人たちがエジプトに来た頃はたったの70人でした。(出エジプト1:5)

それを考えればかなり増えたことがわかります。

そして、幕屋や祭司など様々な規定を確認した後、ようやくシナイ山を出発します。

 

(2)シナイやま出発〜ヨルダン川まで(12章〜最後)

イスラエル民族はシナイ山からヨルダン川まで移動します。

途中、モーセは12氏派から一人ずつ選出して、目的地のカナンを視察させて行きいますそして12人中たった2人が「カナンは良い土地だ。攻め取ろう。」と言います。その2人のうちの1人がモーセの次のリーダー、ヨシュアです。(民13章〜)

相変わらず、イスラエル民族はモーセに不平不満を言いながら、シン荒野を渡って行きます。

不平不満はあまりに多くて、本来なら40日で行けるはずが40年もかかってしまいました。(民14:34)

他にもコラという人がモーセに逆らったが故に神様を怒らせ、地面に穴が空開いて飲み尽くされてしまったり(怖い)、モーセの兄弟アロンも死んだり(民20:28)、人々が蛇に噛まれたり(民21:4〜)、様々なエピソードがあります。

他にもシホン・オグの戦い(民21:21〜)、バラムとバラクの話(民22章〜)、ミデアン人との戦い(民31章〜)などがありますが、後ほど1つずつ書いてみたいと思います。

そんなこんなで、イスラエル民族は、ヨルダン川付近まで近づいたところで、民数記は終わります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。