聖書について

聖書要約〜列王記上(ソロモン)〜

列王記上から、ソロモンが王になります。

まずは、ソロモンが王になる経緯から。。

 

◉ソロモン、王になる

ソロモン王の他に、もう一人王様候補がいました。

その名も、アドニヤ!(高ぶって自分が王になろうと言うだけなのですが)

 

列王記上は、ソロモンVSアドニヤの対決から始まります。

[aside type=”boader”]

ソロモン側:
預言者ナタン、祭司ザドク、軍の長ベナヤ

アドニヤ側:
軍事令官ヨアブ、祭司アビヤタル[/aside]

 

ダビデは過去に、自分の次はソロモンを王にすることを言っていたので(歴上22:7-10)、

ソロモンを王に任命します。

 

◉1000の燔祭を捧げた/3000の箴言を説いた

ソロモンは、1000の燔祭を捧げました。

仮に1日1回燔祭を捧げると3年よりちょっと前という感じでしょうか。

 

1000の燔祭を捧げると、神様は、ソロモンに言いました。

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/09/internet_god_kamieshi.png” name=“神” type=”l”]あなたに何を与えようか。求めなさい。[/voice]

神様がくださると言っています。ソロモンは、何を求めるでしょうか。

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2020/02/Solomon.jpg” name=“ソロモン” type=”l”]父ダビデ王に継いで王にならせてくださいましたが、

私はまだ幼いので、出入りすることを知りません。

また民の数がおびただしくて数えることもできないし、

この多くの人々のことを調べることもできません。

だからしもべに知恵を与え、聞き分けることができるようにしてくださり、

善と悪を見分けてよく治めることができるようにしてください。[/voice]

 

そんなこんなで神様は、ソロモン3000の箴言をくださいました。

その箴言が聖書の中でも箴言となって収められています。

 

◉聖殿を建てた

ソロモンは、聖殿を建てました。

父ダビデの時も聖殿を建てる話が出ていましたが、

神様に、「(ダビデの時は)戦争が多く、多くの人の血が流れたから、

聖殿を建ててはいけない。代わりに、息子が建てるであろう」と

言われます。(歴上22:8-10)

 

ソロモン聖殿は、アブラハムイサクを捧げた場所に建てられました。

今は、外壁の西側が残っており、「嘆きの壁」と呼ばれています。

 


(ソロモン聖殿模型)


(嘆きの壁)

引用:Wikipedia

 

神様の宮も建て、名声を得たソロモン。

周辺国の人々は、神様が与えたソロモンの知恵を聞こうと、

謁見を求めるほどになりました。(シバの女王の話は有名ですね(列上10:1〜))

 

◉ プレイボーイ!?ソロモン

その後、ソロモンは、多くの外国人を愛しました。

妻700人、そばめ300人!!

果たして全員覚えていたのかどうかは、謎です(😅)。

 

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2020/02/Solomon.jpg” name=“ソロモン” type=”l”]君は、誰だね?[/voice]

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2020/02/face_angry_woman4.png” name=“妻?そばめ?” type=”l”]何よ!?昨日は、愛してるって言ってくれたじゃない![/voice]

 

勝手な想像ですが、『大奥〜イスラエル版〜』ができていそうです。。

 

話を戻すと、多くの異国の女性を得た結果、

女性と一緒に異国の宗教がイスラエルに流れ込みました

 

そして、ソロモンの心も主を離れてしまい。。

ソロモンに対し、怒りました。

 

今まで順風満蘭だったソロモンに、敵(ハダデ、レゾン、ヤラベアム)が現れます。

こうして風向きが変わり、イスラエルは南と北に分かれましたとさ。

 

以上、ソロモンでした〜。

 

参考:2003年4月13日主日礼拝『知恵の根本は神様』

関連記事

PAGE TOP