聖書要約〜ナホム書〜

さて、ナホム書です。

 

◉いつの人?

 

アッシリア捕囚が終わった後の預言者であることがわかります。

後にも書きますが、この時期はアッシリア が栄えまくってイケイケな頃でした。

その時期の預言者です。

 

◉どんな人?

ナホムとは「慰める者」という意味。

南ユダにあるエルコシというところの出身だったようです。

 

◉何が書いてある?

ニネベという土地に関する預言です。

ニネベと言えば、ヨナ書!!

ヨナがニネベの人たちに御言葉を伝えたところ、

ニネベの人たちは悔い改めて、神様はお裁きにならなかったとさ、という話です。

それから、100年後・・。ニネベの人たちはどうしていたかな??

 

ぐほっ!裁きの文面が続いているではありませんか!?

ニネベの人たちは、一時悔い改めたものの、また元に戻ってしまったようです。

 

(1)ニネベってどんな町?

ヨナ書のときには、詳しく触れませんでしたが

ニネベは、アッシリアの首都でめちゃめちゃ栄えていた都市です。

大規模な建築事業や都市の拡張を行なったり、世界最古の図書館があったりしました。

 

イメージとしては、

アッシリア=世界最大帝国!!

ニネベ=世界最大都市!!

 

とにかく、栄えてモリモリだったわけです。

そんなニネベ神様が裁くと言っています。

 

主はねたみ、かつあだを報いる神、主はあだを報いる者、また憤る者、主はおのがあだ(自分の敵=ニネベ)に報復し、おのが敵に対して憤りをいだく。(1:2)

 

当時の人からしたら、なかなか信じがたいことだったと思います。

 

 

(2)そんなアッシリア がバビロンによって滅ぼされるよ。

アッシリアは、どのように滅ぼされたのか。

アッシリアは、栄えに栄えたのち、4つの国に分かれます。

 

その4つの国の一つがバビロンなのですが、バビロンという国ができたのはB.C.625。

そんなバビロン(+メディア)にアッシリアが滅ぼされるのはB.C.612。

時系列的にはこんな感じ↓↓↓

 

 

そう考えると、ナホム預言者が生きていた頃は、アッシリアイケイケだったわけで。。

やはり、当時生きていた人からすると「アッシリア が滅びる」なんて

なかなか信じがたい内容だっただろうなと思いました。

 

ちなみに、バビロンメディアの連合軍はがテーマカラーだったようです。

実際、こんな聖句がありますね。

その勇士の盾は赤くいろどられ、その兵士はに身を寄ろう。戦車はその備えの日に火のように輝き、軍馬はおどる。(2:3)

 

そんなこんなで、ナホム書には、アッシリアバビロンによって滅びることが預言されています。

 

終わり。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。