聖書要約〜ホセア書〜

さて、四大預言者が終わり、十二小預言者に入ります。

トップバッターは、ホセアです。

 

◉いつの人?

アッシリア捕囚前からアッシリア捕囚にかけての人であることが分かります。

ふむふむ。。

 

◉どんな人?

ホセアさん。名前の意味は「救い」という意味です。

出身は偶像崇拝の蔓延る北イスラエル。しかし、活動は南ユダでしたようです。

 

ホセア預言者はいろんな人が結婚しようと言っても結婚しないでいました。

そして、神様から淫行の妻と結婚するように言われ、ゴメルという娼婦と結婚します。

 

子どもは3人いました。

一人は、「エズレル」。意味は「イスラエルの家を滅ぼす」です。

もう一人は「ロルハマ」。意味は「イスラエルの家を許さない」。

最後は「ロアンミ」。意味は、「あなたがたは私の民ではない」。

 

◉何が書いてある?

上にも少し書きましたが、ホセア預言者はいろんな人が結婚しようと言っても、結婚しないでいました。

そして、神様ゴメル(娼婦)と結婚するように言われ、結婚します。

そして、嫁に文句ばかり言われます。

 

“ゴメル”
ああ。。この男の人はほんとに味がない。。私は、運が悪い。貧乏くじを引いてしまった。。

 

“ゴメル”
どこに行ってきたの?どうして今帰ってきたのよ?
“ホセア”
神様の御言葉を伝えてきたんだよ。
“ゴメル”
神様なんかどこにいるのよ!何でそんな御言葉なんて伝えたりするの!?働いてお金を稼いできてよ!!

 

こんな感じだったようです。

しかし、これには深い意味がありました。

 

それは、ズバリ・・・。

神様もホセアと同じ気持ちだったということです!

 

“神様”
おまえがその女の人のことで心を痛めてるように、わたしはイスラエル民族のことで心を痛めてるということを知らないだろう。イスラエル民族のことをいいと思ってはいけない。あいつらは娼婦のような人達だ。

 

当時、イスラエルでは偶像崇拝が蔓延っていましたが、聖書では「偶像崇拝」不倫浮気によく喩えられています。

神様から見れば、偶像崇拝はそのような行為だということです。

 

話をホセアに戻し・・。

なぜ神様ホセアゴメルという娼婦と結婚させたかというと、ホセア預言者イスラエル民族のことを義人だと思いこんで説教していたから、神様の心が溶けなかったのです。

 

それで、ホセア預言者ゴメルのような人と結婚させて、本人が感じ取るようになさったのです。

 

神様は、ゴメルと結婚する時、ホセアにこんなことを言います。

あなたは再び行って、イスラエルの人々が他の神々に転じて、干しぶどうの菓子を愛するにもかかわらず、主がこれを愛せられるように、姦夫に愛せられる女、姦淫を行う女を愛せよ。(3:1)

 

干しぶどうは、当時偶像(他の神々)に捧げ物として捧げていたようです。

神様は、人々が神様の愛を分からず、ただ木や石で作られた偶像に拝んでいても、愛し続け、人々が再び神様を信じることを待っていたのです。

 

参考:1998年1月11日主日『愛の本質』

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。