聖書要約〜ミカ書〜

さて、ミカ書まできました。

十二小預言者の6人目。半分まで来ました。

 

ミカといえば、下のキリストの預言が有名ですね。

しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを収めるものがあなたのうちからわたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。(5:2)

 

クリスマスで引用されることが多いです。

 

◉いつの人?

ミカは、アッシリア捕囚前〜アッシリア捕囚にかけての人であることが

わかります。

なので、「アッシリア捕囚によって、北イスラエルが滅び、南ユダも攻撃を受ける」ことについて

主に書かれています。

 

◉どんな人?

ミカは、モレシテの出身ということ以外は書かれていませんん。

エルサレムに、まあ近いといった感じでしょうか。

南ユダの人でした。

 

◉何が書いてある?

(1)アッシリア捕囚に関して

アッシリア捕囚により北イスラエルは滅びましたが、

北イスラエルだけでなく、南ユダも攻撃を受けました。

 

サマリヤは北イスラエルの首都、エルサレムは南ユダの首都ですが、

アッシリアを通して北イスラエルが滅び、南ユダが攻撃を受けることが預言されています。

サマリヤの傷はいやすことのできないもので、ユダまでひろがり、わが民の門、エルサレムまで及んでいる。(1:9)

 

この聖句の後に続く町々は、アッシリアが南ユダに攻めてきたときに

荒らして行った町々の姿です。

 

(2)横暴なつかさ、偽預言者に関して

当時、国の上に立つ人たち(つかさ、預言者(と言っても偽))に関しても、

色々問題があったようです。

ヤコブのかしらたちよ、(中略)あなたがたは善を憎み、悪を愛し、わが民の身から皮をはぎ、その骨から肉をそぎ、(3:2)

 

かしらたちは、民から色々ぶん取っていたようです。

 

わが民を惑わす預言者について主はこう言われる。彼らは食べ物のある時には「平和」を叫ぶけれども、その口に何も与えない者にむかっては、宣戦を布告する(2:5)

 

預言者とは「神様の言葉を預かる人」ですが・・。

人が食べ物を持って「神様はなんておっしゃるでしょうか?」と言う人には良いことを言って、

食べ物を持ってこない人には良くないことを言っていたようです。

これは、いやはや・・。もう「神様の言葉を預かる人」でもなんでもないですね・・。

はい・・。

 

他にも賄賂をもらったり、民からものを奪ったり、追い出したり好き放題していたようです。

これは、神様もだまっていないわけです。

 

(3)イスラエルの回復に関して

偶像崇拝を始め、様々に問題があったイスラエルを

神様はアッシリアという国を通して裁きますが、裁いたまま放ってはおきません。

その後イスラエルが回復することを預言します。

 

末の日になって、主の家の山はもろもろの山のかしらとして堅く立てられ、もろもろの峰より高く挙げあれr、もろもろの民はこれに流れくる(4:1)

 

しかしベツレヘム・エフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを収めるものがあなたのうちからわたしのために出る。その出るのは昔から、いにしえの日からである。(5:2)

 

イスラエルという土地にキリストが来て、イスラエルが復活するという預言でした。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。