聖書について

聖書要約〜箴言〜

 

先日、ソロモンのうたをアップしましたが、

そのソロモンが書いた箴言です。

幼くして王になったソロモンは、神様に1000回の燔祭を捧げます。

すると、神様に「なにが欲しいか」と聞かれ、知恵を求めました。

そうして得た3000個の箴言の一部です。

箴言は、「知恵の書」とも言われています。

 

全部で31章。1日1章読めば、一ヶ月で終わります。

特にストーリーになっているわけではないので、

今回は、わたしの好きな箴言を紹介したいと思います。

 

主を恐れることは知識のはじめである。

愚かな者は知恵と教訓とを軽んじる。

 

聖書を学び始めた時は学生でしたが、

勉強がうまく悩んでいたので、この聖句を読んで

「まずは、主を恐れる人になろう・・。」と思ったことを覚えています。

 

続いて、勤勉さに関する聖句。

なまけ者よ、ありのところへ行き、そのすることを見て、知恵を得よ。

ありは、かしらなく、つかさなく、王もないが、

夏のうちに食物をそなえ、刈入れの時に、かてを集める。

なまけ者よ、いつまで寝ているのか、いつ目をさまして起きるのか。

しばらく眠り、しばらくまどろみ、手をこまぬいて、またしばらく休む。

それゆえ、貧しさは盗びとのようにあなたに来り、貧しさは、つわもののようにあなたに来る。

 

『ありときりぎりす』を思い出しますね。

確かに、ありってそうですよね。

蜂のように女王とかいないし、特に誰か指示している人はいなさそうですが、

ちょこちょこ動いていつも働いています。

 

次の聖句。大きくまとめると「口は災いのもと」といった感じでしょうか。

 

言葉が多ければ、とがを免れない。

自分のくちびるを制する者は知恵がある。

 

口数が多いと、余計なことを言ってしまうリスクが高いですね😅。

感情に任せてキツイことを言ってしまったり、

好奇心で余計なことを聞いてしまったり。。

何を言って何を言わないべきか、うまく自分の言葉をコントロールできる人は、

確かに知恵がある人と言えます。

 

つるぎをもって刺すように、みだりに言葉を出す者がある、

しかし知恵ある人の舌は人をいやす。

 

言葉は、人を生かしもするし、殺しもするといった感じでしょうか。

知恵ある人の言葉は、人を癒します。

 

争いに関係しないことは人の誉である。

すべて愚かな者は怒り争う。

 

争いには、なるべく関係しないことが良いということです。

確かにそうですね。。

うーん。アーメン。

 

いかがでしたでしょうか。

『箴言』他にもたくさんあり、生活に役立つものが多いので、

ぜひ見てみてください〜。

 

ではでは。。

関連記事

PAGE TOP