聖書について

神の子・人の子(創世記6:1-2)

神様の沈黙の時が流れ、ノアが生まれました。

ノアには3人の子どもがいました。

名前は、セム、ハム、ヤペテ。

 

さて、ここから第6章に突入します。

ノアの時代は、こんな時代でした。

人間には、2種類の人がいます。

(∑(゚Д゚)!!突然、なんやねん!?)

 

それは、「神様の子」と「人の子」です。

 

「神の子」

 

「人の子」

・・・。

 

違います。

「神様の子」。

すなわち、それは「神様を信じる人」を意味します。

 

「人の子」。

それは、「神様を信じない人」たちです。

 

「神様を信じている人」たちは、「神様を信じない女性たち」を見て、

 

「う、、美しい〜  。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・」


「お、俺たちと遊びに行かないか?( *`ω´)」


「け、結婚しようぜ!♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪」

 

自分が好む者を妻にめとったのです(創世記6:1-2)。

このことにどういう意味があるのでしょうか。

(次の次に続く。。)

 

画像:
https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_(archangel)
https://bokete.jp/boke/64286948

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP