ノアの登場(創世記6:3-4)

そこに「ノア」とう人物が現れました。

ノアはどのような人なのか、このように(↓)書かれています。

「ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ全き人であった。(創6:9)」

 

人は完全に(全き人に)なれるのか!!??∑(゚Д゚)

イケメンで、知識もあり、スポーツもできて・・。

・・・。

 

そういう意味ではありません(ー ー;)

「神様を信じる心」が完全だったという意味です。

 

神様は、こう言いました。

「わたしの霊はながく人にとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。
しかし、彼の年は120年であろう。(創6:3)」

 

つまり、

「わたし、神様の霊は長くノアにとどまらない。ノアは肉体をもった人間にすぎないのだ。
しかし、わたし、神様はノアの中に10年間とどまるであろう。」

(⭐︎復習⭐︎ 当時、1年は1ヶ月でした。)

 

人々は、引き続き「神様を信じる人たち」と「神様を信じない人たち」で結婚し、

子どもを産んでいました。その子たちは「ネピリム」と呼ばれていました。

いわゆる、「神様を信じる人たち」と「神様を信じない人たち」のハーフですね。

その子たちは、「勇士」として有名になったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。