聖書について

婚姻の乱れの結果(創世記6:5-8, (11))

ノアの時代、「神様を信じる人たち」と「神様を信じない人たち」が結婚しました。

このことを神様は良く思いませんでした。

 

「ええ?( ? _ ? ) 別にいいじゃ〜ん。」

「当人の自由じゃ〜ん、結婚なんて〜。」

「愛さえあればいいんだよ〜。」

 

結果は、どうなったでしょうか?

「人の悪が地にはびこり、すべてその心の思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。(創6:5)」
「世は神の前に乱れて、暴虐が地に満ちた。(創6:11)」

 

∑(゚Д゚)!!!!

悪人いっぱいになっちゃいました!!

「神様を知らない」

そのことが、どうしてそんなにいけないことでしょうか?

(続く)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP