聖書について

エジプトにて①(創世記12:11-16)

さて、アブラム一行は、ゲネブの地で飢饉が起こったため、

エジプトに移動しようとしました。

エジプトに入ろうとする時、アブラムは奥さんのサライに言いました。

 

「そなたは美しい。(もののけかよ!!∑(゚Д゚))

私(アブラム)がエジプト人に『この人は、うちの妻です。

と言ったら、殺されてしまうのではないかと、心配だ。

だから、エジプト人の前では「私は、妹です。」と言ってほしい。

そうすれば、私は、あなた(サライ)のおかげで殺されずにすむ。。」

 

いざ、エジプトへ。。(ドキドキ。。)


 

 

エジプト人たち:
(´Д` )「あの最近きたアブラムとかってやつと一緒にいる女、かわいくないか?」

∑(゚Д゚)「おう。おれも思ったぜ。かわいいよなぁ。」

高官たち:
( *`ω´)「パロ王殿!最近きたアブラムと一緒にいる女性、いや〜、美しい。きっと王様にぴったりではないでしょうか!」

(´ε` )「王様、アブラムと一緒にいる女が美しいと、最近、町中で評判でございます。」

王:「何。そんなに美しいのか。いっぺん見てみたいものだ。呼びたまえ!」

高官たち:「へへい!」

 

そして、サライ達は、パロ王の家に呼ばれましたとさ。

王:「いや〜、アブラム。お前の妹は実に美しい。町中でも評判だ。ほれ、羊や牛やろば、奴隷やらくだもある。持っていきなされ!」

・・・。

しかし、ある日・・・。

(続く。。)

 

画像:
https://www.thebiblejourney.org/biblejourney2/23-the-journeys-of-adam-enoch-noah-abraham/abrams-journey-to-canaan/
https://kotoyumin.com/mononoke-ashitaka-8940

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP