新たな民族誕生(!?)(創世記25:24-26)

 

さて、胎内での戦いの結果、先に出たのは・・・

 

 

(オギャー!!!★長男誕生★)

赤くて全身毛ごろものようで、名前を「エサウ」と名付けました。

 

 

(弟:むむ。くそー。次男になってしまった!!)

そうして、かかとを掴んで次に出てきたのは・・。

 

 

(オギャー!!)

 

は、兄エサウのかかとを掴んでいました。

そして、「ヤコブ」と名付けられました。
(意味は、「かかとを掴む者」「人を出し抜く者/反則する人」
今後、どのように出し抜いて行くかは、おいおい・・。)

 

この時、イサク御年60歳。

 

そして、エサウ(兄)は、エドム民族の先祖となり・・

ヤコブ(弟)は、イスラエル民族の先祖となります。。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。