子どもの成長と神様の計画(創世記25:27-28)

さて、エサウヤコブは成長しました。

 

兄エサウは、狩猟者となり、

弟ヤコブは、穏やかな人で天幕に住んでいました。

 

父イサクは、兄エサウを愛し、

母リベカは、弟ヤコブを愛しました。

 

 

父イサクは、鹿の肉が好きだったので、

狩猟者で美味しい鹿の肉を取ってくれるエサウを愛しました。

 

一方、母リベカは、弟のヤコブを愛しました。

リベカは、神様から啓示を受けていましたね。

 

「二つの国民があなたの胎内にあり、

二つの民があなたの腹から別れ出てくる。

一つの民は他の民よりも強く、兄は弟に仕えるだろう。」

 

だから、リベカは、ヤコブを通して神様の計画が流れて行くことを知っていたのです。。

 

〜おまけ もう少しエサウとヤコブについて〜

以前、「裂く」ということについて書きましたが、ここでも同じことが言えますね。

カインとアベル、アブラハムとアブラハムの妻と言ったように

「より神様に近い立場の人」「そうでない立場の人」がいます。

 

今回もヤコブ「より神様に近い立場の人」エサウ「そうでない立場の人」になります。

ヤコブは、天幕の人とな理ました。

「天幕」とは当時の住居でもあり神様に会う場所(聖殿)でもあります。

そこの人になったということは、神様を熱心に信じ、穏やかな人物だったことがわかります。

また、親元を離れず、親の恩恵を受けて育ちました。

 

一方、エサウは、狩猟者だったので、自分の力を信じて親元を離れて自由に暮らし、

ヤコブほどは熱心に神様を信じていなかったようです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。