サラの改名(創世記17:15-21)

神様は、続けてアブラハムに言いました(まだ話すんかい!?)

 

「あなたの妻「サラ」も「サライ」に名前を変えなさい。

私は、サライを祝福し、男の子を授けよう。

サライは、国々の民に母となり、サライから諸々の民の王たちが出るであろう。」

 

しかし、アブラハムは思いました。

「私は、もう99歳だ。どうして子どもなんて生れようか。
(わいは、じいちゃんだよ。。)

イシマエルが長生きするように。。」

 

続けて神様は、言いました。

「いや、あなたとサラの間に子どもが生まれる。

子どもが生まれたら、名前を『イサク』としなさい。

私は、イサクと約束し、後の子孫のために約束しよう。」

 

「また、ハガルとの子『イシマエル』についても、

あなた(アブラハム)の願いは聞いた。

イシマエルのことも祝福して、彼も多くの子孫を得るようにしよう。

そして、12人の子どもがイシマエルに生まれるだろう。

そして、来年の今頃、サラがあなたに産むイサクと、

契約を立てるであろう。」

 

このように、神様はアブラハムの子「イサク」と「イシマエル」を

祝福して下さいました。

 

⭐︎おまけ⭐︎
ちなみに、イシマエルの12人の子どもは、創世記25:13-14に書いてあります。

ネバヨテ、ケダル、アデビエル、ミズサム、ミシマ、ドマ、マッサ、ハダデ、テマ、エトル、ネフシ、ケデマ。以上12名。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。