バベルの塔(創世記11:1-9)

さて、バベルの塔のお話です。

 

家系図が入るので、

ノアの洪水から時間が経過していそうですが、

そうではなく、

ノアの洪水の間もなくあとに起こったできことだそうです。

 

ノアの洪水が起きたあと、

神様は、

「もう一度水で裁くことはないだろう」

とおっしゃいました。

 

そこで、人々が悔い改めて、

神様を再び信じればよかったのですが、、。

 

人々は、神様を信じず、

人間同士で集まって、同じ言語を使いながら、

その人々の思いのままに生きていました。

 

「私たちは、これから塔を建てよう!


その頂上が高く高くそびえ立って、


また洪水が起こっても


全ての人が滅びないようにしよう!!




また、雨を降らせてみろ!


今度は塔があるから、私たちは滅ぼされない!!」

 

そう思って建てた塔が「バベルの塔」でした。

う〜む。。なかなか神様に対して挑戦的ですね😅。。

 

そこで、神様(聖書では「われわれ」と書いてありますが聖三位のことですね)が行ったことは…

言葉を通じなくさせてしまいました。

 

(´Д` )「おい、ちょっとお前レンガ持ってきてくれ!」

∑(゚Д゚)「aoisf asefa oa ogiaeh aoa ja waew o aer 」

(´Д` )「いや、だからレンガだよ。レンガ!」

∑(゚Д゚)「aoie  aower  ggajegu oiaj i e!!!!!」

(´Д` )「….. !!!!!」

 

まあ、今まで一緒に工事をしていた人たちの言葉が突然変わるのも

ちょっと現実離れしている気もしますが。。

 

「言葉を乱した」と言うのは、互いに「主張」と「考え」が違うようにさせて、

争い、戦うようにさせたと言うことです。

 

(´Д` )「おい、ちょっとお前レンガ持ってきてくれ!」

∑(゚Д゚)「レンガだと?ここはレンガじゃなくて違う素材の方がいいんだよ。」

(´Д` )「何言ってるんだよ!俺が言ってるんだからお前は黙って持ってこいよ!!」

∑(゚Д゚)「は?何言ってるんだ!もうお前とはやってらんないよ!!」

(´Д` )「おい!!どこ行くんだよ。」

 

例えばこんなふうに、お互いの「主張」と「考え」が違うようになり、

人々は各地に散らされていったと言うことです。

う〜む。なるほど。。

 

今の時代の現実世界でもありそうな一コマですね。

 

『バベルの塔』 ピーテル・ブリューゲル

 

参考:
2012年10月5日(金)説教
2020年3月1日主日礼拝『神様が彼らの言葉を乱して地のおもてに散らされた』

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。