登場人物の紹介(創世記11:10-30)

さて、ここからまた家系図になります。

「セムの家系図??この前やったじゃ〜ん!!」

と思いがちですが、

そう!セムの家系図で、一部書かれていないところがありました!

 

 
 

テラは、アブラム、ナホル、ハランを生みました。

 

 

その他のファミリーは、こんな感じです(雑)。

ここには書かれていませんが、

サライは、アブラムの異母兄弟にあたります。

今後の話の流れとして、覚えておくべき登場人物は、

アブラム(のちにアブラハム)
サライ(のちにサラ。アブラハムの奥さん)
ロト(アブラハムの甥)

といったところでしょうか。

アブラムの父テラは、カルデヤのウル(※下地図参照)で偶像を作って売る偶像商で、

裕福な家庭でした。

テラは偶像製作担当、アブラムは販売担当だったそうです。

 

(出典:『図解 聖書[世界史徹底マスター]』)

続く。。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。