家系図〜ヤペテ〜(創世記10:1-5)

さあ、やってきました!!
 
・・・。
 
カタカナいっぱい。
 
読みにくい。読むの大変。
 
ここ、意味ある?読み飛ばそう。。
 
 
 
と思ったあなた!!!
 
ちょっと待った〜!!!
 
 
意味あるんですよ!この章!
 
 
家系図を理解するポイント!!
 
それはですね、、。
 
 
紙と鉛筆を用意します。
 
そして、家系図を書き出してみるのです。
 
 
 
え??∑(゚Д゚)
 
面倒くさいって???
 
 
 
 
 
仕方ないなぁ〜。
 
そんなあなたに、、
 
 
 
 
 
テレレッテレ〜🎶
「家系図〜⭐︎」(ドラえもん風)
 
 
 
 
 
ということで、順番に見ていきましょう〜⭐︎
 
 
 
 
 
ノアには、3人の子どもがいました。
 
「セム」、「ハム」、「ヤペテ」です。
 
 
 
 
まずは、「ヤペテ」から。
 
 
 
はい、こんな感じです。

彼らは、「海沿いの地の国民が分かれて、おのおのの土地に移り住んだ」とあります。

一般的には、下のヤペテ(JAPHETH)と書かれている部分に

移り住んだと言われているようです。

諸説あり・・といった感じですが。。

 

 

明日は、ハムです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。