神様の心・親の心〜前もって話す神様〜(創世記6:11~22)

まだ6章です。現在、創世記6章11節。

神様の心情は親の心情と似ています。

なので、「神様」を「親」に例えると、わかりやすいことが多々あります。

子どもがなんども言うことを聞かないと、親はどうでしょうか?(笑

 

「いい加減にしないと、
おしりペンペンだよ!!」

∑(゚Д゚)!!!

 

各家庭、表現は様々とは思いますが、誰でも一度は言われたことはあるでしょう。

子どもは慌てておとなしく(?)なります。(たぶん)

 

神様は、悪ばかりを行う人間を見てこう言いました。

「いい加減にしない(悔い改めない)と、
おしりペンペン(洪水の裁き)よ!!」

 

それが「洪水の裁き」でした。

しかし、神様はだまって突然ぶつことはしません。

当時、最も正しいものとされた「ノア」に、

前もって洪水が起こることを伝えます。

 

神様は、ノアにこう言いました。

「わたしは、すべての人を絶やそうと決心した。彼らは地を暴虐で満たしたから、わたしは彼らを地とともに滅ぼそう。あなたは、いとすぎの木で箱舟を作り、箱舟の中にへやを儲け、アスファルトでその内外を塗りなさい。」(創6:11-14)

(以降、作り方の説明・・。細かい・・(⌒-⌒; ))

 

ノアは、10年の期間をかけて箱舟を作りました。(参考:創6:3)

そして、その期間、人々にも洪水が起こるから箱舟に乗るように伝えました。

 

そう、神様は、

「裁く前に、前もって人(今回はノア)を通して話される」
んです!!(★重要★)

 

人々にも助かるチャンスはあったのです!

「洪水が来るから、箱舟を作ろう!」

そう言うノアを信じて、一緒に箱舟を作り、一緒に助かるチャンスがありました。

 

しかし、、。

人々はノアを信じず、嘲笑するばかり。。

結局、ノア、妻、ノアの子、ノアの子の妻たちを箱舟に入れ、

またすべての生き物を2つずつ入れるように指示します。

 

ノアは神様に言われた通りに行いました。

以上、創世記第6章最後まで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。