箱舟と漢字の話(創世記7:1-5)

現在、創世記7章におります。

さて、洪水が地に起こった時、ノアは50歳でした。
(⭐︎復習⭐︎ 1ヶ月を1年と数えます。)

結局、箱舟に入ることができたのは、以下のメンバーでした。

①ノア
②ノアの奥さん
③セム(ノアの子)
④セムの奥さん
⑤ハム(ノアの子)
⑥ハムの奥さん
⑦ヤペテ(ノアの子)
⑧ヤペテの奥さん

以上、8名。

 

ここで、「船」という漢字を見てみましょう。

 

 

「舟」に「八」の「口」と書きます。

「口」は「人口」にもあるように、人の頭数を意味したりもしますね。

ノアの箱舟と関係があるのでしょうか。

面白いですね。。

(と言いつつ、本当に関係があるのかは、わからないです😅)

家族に加えて、
・清い獣の中から雄と雌7つずつ
・清くない獣の中から雄と雌2つずつ
・鳥の中から雄と雌7つずつ
を箱舟に入れます。

神様は、40日間雨を降らせ、洪水を起こし、すべての生き物を地からぬぐいさると言いました。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。